ニュース
» 2020年10月22日 17時00分 公開

「SoftBank学割」が10月23日にスタート メリハリプランを半年間割り引き

ソフトバンクが、「ソフトバンク」ブランドにおける学割プログラムを発表した。2020年シーズンは、メリハリプランの月額料金を6カ月間割り引く。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは10月23日から2020年5月31日まで、5〜22歳のユーザー(契約者または利用者)を対象とする割引プログラム「SoftBank学割」を受け付ける。

 なお、記事中の価格は全て税別となる。

ソフトバンク SoftBank学割

 今回の学割では、対象ユーザーが新規契約(MNPやY!mobileからの番号移行を含む)、機種変更または契約変更の手続きをする際に「メリハリプラン」に加入するか加入済みである場合に、手続き翌月からの6カ月間、「データプランメリハリ」の月額料金(通常6500円)を以下の通り割り引く。端末の購入を伴わないUSIM単体の手続きでも適用可能だ。

  • 月間データ通信量が2GB超:2580円(6500円→3920円)
  • 月間データ通信量が2GB以下:1080円(5000円→3920円)

 「半年おトク割」や「みんな家族割+」「おうち割 光セット」など、併用できる割引を最大限活用した場合、手続き翌月からの6カ月間の月額料金が900円からとなる。

割引表 使える割引を最大限活用した場合の料金表

注意点

 今回の学割は、以下の割引とは併用できない。

  • ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典(特典B)
  • ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム(特典B)

 また、以下のいずれかの条件に当てはまる場合は適用できない。

  • 法人契約
  • この学割を適用した同一名義の他回線を持っている場合
  • 契約回線が「データシェアプラス」の子回線である場合

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10