ニュース
» 2021年03月08日 16時00分 公開

LINEモバイルのドコモ回線旧プランで「VoLTE」が利用不可能に 4月6日以降(予定)継続利用にはプラン変更が必要

LINEモバイルのNTTドコモ回線を利用する音声通話SIMのうち、旧プランを契約しているものがVoLTE通話に非対応となる。VoLTE通話を今後も利用するには、現行プランへの移行が必要だ。【追記】

[井上翔,ITmedia]

 LINEモバイルは3月8日、4月6日以降にNTTドコモ回線を利用する音声通話SIMの一部がVoLTE通話に非対応となる予定であることを発表した。同日以降にVoLTE通話を利用したい場合は、現行の「ベーシックプラン」への変更を呼びかけている。

 なお、親会社のソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」の提供を開始することに伴い、LINEモバイルは3月31日11時をもって新規加入の受付を終了することが決まっている

【追記:20時45分】VoLTE非対応の端末における音声通話方法について追記しました

お知らせ LINEモバイルからのお知らせ

対象は「旧プラン」契約者

 VoLTE通話に非対応となるのは、ドコモ回線を利用する音声通話SIMのうち、以下のプランを契約しているもの。

  • LINEフリー
  • コミュニケーションフリー
  • MUSIC+

 VoLTE通話の非対応化はシステム改修に伴う措置だという。先述の通り、現行プランに変更すれば引き続きVoLTE通話は利用できる。このシステム改修の日程が変更される場合は、改めて通知をするという。

現行プラン 現行のベーシックプランは、SIMの種類、データ通信容量とデータフリーオプションの内容を選択するアラカルト式のプランとなっている

プラン変更は3月31日11時以降も受け付け(一部制約あり)

 LINEモバイルは3月31日11時をもって新規加入の受付を終了するが、同時刻以降もサービスは継続して提供される。プラン変更やSIMカードのサイズ変更や再発行といった主要な手続きも受け付ける。

 ただし、ドコモ/au回線への回線変更については、同時刻をもって受け付けを終了する。利用する回線のキャリアをソフトバンク以外に変更したい場合は、同時刻までに手続きを完了するようにしたい。

終了告知 LINEモバイルは3月31日11時をもって新規加入の受け付けを終了する。既存ユーザーは同時刻以降もサービスを利用可能で、プラン変更もできる。ただし、ドコモ/au回線への変更はできない

VoLTEが使えない場合は「3G」で通話可能(追記)

 VoLTEが使えなくなった場合でも、3G(W-CDMA)の回線交換による通話は引き続き利用できる。AndroidスマートフォンでもiPhoneでも、設定を変更すれば3Gで通話可能だ。ただし、以下の制約もある。

  • 高音質通話(HD/HD+)を利用できない
  • 当該回線でデータ通信中の場合、通話の間はデータ通信も3G経由となる
  • 当該回線でデータ通信中の場合、発着信時や終話時に通信が途切れる場合がある(回線切り替えのため)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう