ニュース
» 2021年02月18日 10時40分 公開

SoftBank on LINEの正式名称は「LINEMO(ラインモ)」 3月17日にサービス開始 通話準定額抜きで2480円から

ソフトバンクがLINEと協業して提供するオンライン専用通信サービスの名称が「LINEMO(ラインモ)」に決まった。通話準定額をオプション化することで、当初予定と比べて月額料金は500円値下げされる。サービスは3月17日に開始する。

[井上翔ITmedia]

 ソフトバンクは3月17日、LINEとの協業で提供するオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の提供を開始する。このブランドは2020年12月22日に「SoftBank on LINE」として発表されたものと同一となるが、国内通話の5分以内定額をオプションとすることで月額料金を2480円(税別、以下同)と改めた。

LINEMO LINEMO
サービス 改定されたサービス料金

標準付帯するサービスとオプションサービス

 LINEMOには以下のサービスを追加料金なしで利用できる。

  • テザリング
  • 国際ローミング
  • フィルタリング
  • 緊急通報メール/災害伝言板

 また、以下の手数料を無料とする。

  • 契約事務手数料
  • SIM交換/再発行手数料
  • MNP転出手数料
  • 契約解除料

 国内通話は30秒当たり20円で、(準)定額の利用を希望する場合は、以下のいずれかのオプションの契約が必要となる。

  • 通話準定額オプション(1回5分以内):月額500円
  • 通話定額オプション(時間制限なし):月額1500円

(※)一部の通話先は通話料金が異なり、上記のオプションの対象外となる

オプション オプションサービスと手数料

 LINEMOは月間データ通信容量が20GBだが、LINEに関する通信はカウントから除外する「LINEギガフリー」を提供する。その上で、LINEスタンプ プレミアムのベーシックコース(月額240円)を追加料金なし(無料)で利用できる特典も2021年夏をめどに用意する。ただし、LINEスタンプショップに関する通信はLINEギガフリーの対象外となるので注意しよう。

スタンプ 2021年夏をめどにLINEスタンプ プレミアムのベーシックコース(月額240円)を無料で提供する

申し込みはLINEアプリから

 LINEMOは「LINE」アプリから申し込めるようになっている。eKYC(電子的方法による本人確認)を導入することで、最短で申し込み当日から通信サービスを利用可能だ。SIMカードはeSIMにも対応する。

LINEアプリから申し込み LINEMOは、LINEアプリから申し込める

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月05日 更新
  1. 新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは? (2023年12月02日)
  2. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  3. Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう (2023年12月01日)
  4. NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに (2023年12月03日)
  5. 制裁中なのに5G対応 謎多きスマホ「HUAWEI Mate 60」はどのように製造されたのか (2023年11月30日)
  6. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)
  7. KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判 (2023年12月04日)
  8. Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む? (2023年12月02日)
  9. 楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【12月4日最新版】 20%還元や全額還元のお得な施策多数 (2023年12月04日)
  10. TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう (2023年11月24日)

過去記事カレンダー