速報
» 2021年04月21日 07時13分 公開

Apple、Podcastアプリで有料番組サブスクに対応 デザイン刷新で「チャンネル」も

AppleがPodcastアプリでサブスクリプションに対応する。ユーザーは5月から、月額あるいは年額購読料を支払うことで、広告なしなどの特典付きで番組を聴ける。次のアプリ更新で、番組を紹介する「チャンネル」機能も追加される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは4月20日(現地時間)に開催したオンラインスペシャルイベント「Spring Loaded.」で、Podcastアプリでの有料Podcastのサポートと、Podcastアプリの刷新を発表した。ユーザーはアプリ内で広告がなかったりボーナスコンテンツが聴けるなどの特典のある有料版をサブスクリプションできる。5月に日本を含む170カ国以上で開始する。

 podcast Apple Podcastアプリで有料Podcastのサブスクリプションが可能に

 クリエイターが有料版を提供するには、年額19.99ドルのApple Podcasters Programへの加入が必要。また、収益の一部をAppleが手数料として徴収する。手数料は、最初の1年間は収益の30%で、その後は15%になる。サブスクリプションの価格はクリエイターが設定でき、年間請求の設定もできる。上の画像の例では月額2.99ドルになっている。

 アプリの刷新で、新たな“チャンネル”機能が追加される。現在のアプリは、個々のPodcastの紹介が非常にシンプルだが、クリエイターは「Apple Podcasts Connect」ダッシュボードで、自分のチャンネルにエピソードごとのアートワークを追加したり、お勧めの番組をトップに配置したりすることで、新たなリスナーにアピールできる。

 podcast 2 チャンネル作成画面

 新しいApple Podcastアプリは、来週予定されているiOSおよびiPadOSのバージョン14.5へのアップデートで利用可能になる予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう