ニュース
» 2005年05月11日 15時42分 公開

エプソン、新インク採用のプロ向け大判インクジェットプリンタ発表(2/2 ページ)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

CAD・教育用途シェア拡大を図る高速モデルMAXARTシリーズと今後の戦略

 MAXARTシリーズは、ポスター制作やCAD用途など、高い生産性が望まれるビジネス・教育現場向けとなる高速モデルとなる。

photo PX-6200S
photo PX-7500S
photo PX-9500S

 インクは従来の4色「PX-Pインク」を採用、染料インク並の広い色再現範囲と高耐光・オゾン・耐水性を備え、高速さと高画質さを両立させた。プリンタドライバやマルチセンサーなどの性能はMAXART K3シリーズと同様。


 国内における大判プリンタ市場は、2000年度より4万から4万5000台でさほど大きく推移しているわけではないが、CAD用途に対してグラフィック用途へのニーズが拡大している傾向にある。

 大判プリンタにおける2大市場となる上記用途に関して、2004年度のメーカー別シェアではCAD用途中心の日本HPが約5割に対し、グラフィックス用途中心の製品を出荷してきた同社が約3割を占める結果となっている。しかし今後はCAD市場はカラーニーズの拡大が、そしてグラフィック市場ではさらなる高画質化が望まれていることから、両市場の融合が進むことが予想されると、エプソン販売株式会社取締役社長 真道昌良氏は述べる。

photo エプソン販売株式会社取締役社長 真道昌良氏

 今回MAXART K3とMAXARTの2シリーズをリリースする背景には、その融合傾向を見越した計画があり、そもそも強いグラフィック市場の加速に加え、高速・高生産性ニーズも満たす2方向のラインアップ戦略でシェア拡大を図る考え。前年度販売台数比150%増、2005年度シェア42%、両シリーズ合わせて今後1年間で6万台出荷を目標としている。

photo 「永らくプロ/ハイアマ向け活動、製品開発も行ってきたエプソンの姿勢、心意気を感じてもらえる製品群だ」セイコーエプソン情報画像事業本部長 平野精一氏
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう