レビュー
» 2005年09月01日 06時37分 公開

きょうはギガバイト「GA-K8AMVP PRO」で“CrossFire”の実力に迫ってみた。グラフィックスカード(1/4 ページ)

ATIのマルチGPU技術「CrossFire」が発表されたのは今年6月のCOMPUTEX TAIPEI 2005。それから3カ月経過してようやく姿を見せようとしている。今回はギガバイトのCrossFire対応マザー「GA-K8AMVP Pro」とRADEON X850XTを組み合わせたCrossFireの実力を見ていきたい。

[長浜和也,ITmedia]

 CrossFireはNVIDAI SLIと同じ「複数のGPUを連動して1枚の絵を手分けしてすばやく描画する」技術だ。しかし「同じ」マルチGPU技術でありながら、それを実現する手法は大分異なる。

 見た目でも分かる違いは複数のGPUの組み合わせかた。NVIDA SLIは「nForce4 SLI」搭載マザーに用意された2つのPCI Express x16スロットに同じ種類のGPUを搭載した「同じ製品」を2枚組み合わせる必要がある。2枚のグラフィックスカードはPCI Express x16(実際にはx8の2本の組み合わせ)とグラフィックスカードの基板に取り付けられたブリッジチップを使って描画データのやり取りを行う。

 対するCrossFireは、チップセット「RADEON XPRESS CrossFire Edition for AMD」(従来RD480と呼ばれてきたAMD製CPUに対応するチップセット)、もしくは「RADEON XPRESS CrossFire Edition for Intel」(従来RD400と呼ばれてきたインテル製CPUに対応するチップセット)搭載マザーに用意された2つのPCI Express X16スロットに2枚のグラフィックスカードを差す。

 と、2本のPCI Expressに2枚のグラフィックスカードを差すところまではNVIDIA SLIと同じだが、CrossFireでは1枚めのグラフィックスカードにCrossFireコントローラを実装した「CrossFire Edition」を用意しなければならない。CrossFire EditionはRADEON X850ファミリーや同X800ファミリーといったハイエンドGPUラインアップで用意される。このCrossFire Editionを「マスター」として機能させ、もう1枚は「スレーブ」として動作させるのがCrossFireの特徴だ。スレーブとして動作させるグラフィックスカードは従来の製品でかまわない。

今回のテストではマザーボードにギガバイトの「GA-K8AMVP Pro」を試用した。RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition for AMDと組み合わせるサウスブリッジチップとしてULiのM1573を実装する

今回試用したグラフィックスカードのギガバイト「GV-RC85T256D-B」はRADEON X850XT CrossFire Editionを搭載。テストではこれに従来タイプのRADEON X850XTを組み合わせた。Catalystが表示する「GV-RC85T256D-B」のコアクロックは520MHz、同じくメモリクロックは540MHz

 NVIDIA SLIではソリッドなブリッジチップをマザーボード側で用意して2枚のグラフィックスカードをつないでいたが、CrossFireではフレキシブルなケーブルを使って2枚のカードを接続する。

 マスター側のカードには、この接続ケーブル専用のコネクタが用意されている。このコネクタ側から2本のケーブルが伸びていて、一方はスレーブ側カードのDVIコネクタに、もう一方はディスプレイのケーブルと接続する。

CrossFire Editonには接続ケーブル専用のコネクタが用意される。この画像にある右のコネクタはよくあるDVI-Iで、左側のコネクタがケーブル専用のもの。この角度から見るとクーラーユニットの「厚さ」も分かる

分かりやすいようにマザーから外して接続コネクタを取り付ける。左のCrossFire Editionにある専用コネクタと接続したら右においてあるスレーブ側カードのDVI-Iにも接続。画面下に伸びているコネクタにディスプレイから来ているDVD-Iを接続する

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  4. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  7. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
  10. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー