アキバにPS3特需――HDDの売れ筋に異変アリ週末アキバPickUp!(2/4 ページ)

» 2006年11月26日 10時00分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

USBミサイル再登場も、人間ロケットの方は出足不調

DreamCheeky製の「USB Missile Launcher」と「USB Circus Cannon」

 2006年7月に登場して物議をかもしたUSB接続のおもちゃ「USB Missile Launcher」。同名の製品が今週の火曜日から再びドスパラ秋葉原本店の店頭に並んだ。前モデルから大幅にデザインチェンジが施されており、バリエーションモデルの「USB Circus Cannon」も隣に並べている。価格はそれぞれ4980円で、在庫は潤沢だ。

 今回登場したのは、迷彩柄のキャノン砲「USB Missile Launcher」と、派手な大砲に人間型ミサイルを詰め込める「USB Circus Cannon」の2種類。それぞれ、USBバスパワーで稼働し、エアーポンプで3本のスポンジ製ミサイルを発射できる。砲台の向きや角度は、付属ソフトで制御可能だ。

 ドスパラ秋葉原本店は「やや高額のおもちゃですが、前モデルも好評だったので人気を集めると思います」と話す。ただ、金曜日の段階ではUSB Missile Launcherに人気が集中し、USB Circus Cannonはあまり売れていなかった。「某編集部の人が2種類セットで買って行ったのは記憶していますが……。人間大砲は、駄目なんでしょうか」と複雑な表情を浮かべた。

 同シリーズは香港のDreamCheekyが製造しており、国内ではソリッドアライアンスが販売している。前モデルは販売元の名が伏せられていたが、これは北朝鮮のミサイル問題の真っ直中だったことと無関係ではあるまい。その旨を伝えると、店員さんは「まあ、いいじゃないですか。ミサイルが堂々と売れるのは、平和な証拠です!」と嬉しそうに話を終わらせた。なお、これらの製品は某格闘ジムの公式トレーニング装置としても利用されているらしい。

ミサイルの固定部分が露出している「USB Missile Launcher」(写真=左)。「USB Circus Cannon」は人間ミサイルが大砲の中に隠れるデザインだ(写真=中央)。2006年7月に登場した元祖・USB Missile Launcher(写真=右)
製品:ソリッドアライアンス「USB Missile Launcher
入荷ショップ
ドスパラ秋葉原本店4980円

製品:ソリッドアライアンス「USB Circus Cannon
入荷ショップ
ドスパラ秋葉原本店4980円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー