ニュース
» 2006年12月04日 15時11分 公開

MS、ウイルス対策も可能な統合ソフト「Windows Live OneCare」正式版を発売――Vistaと同時発売

マイクロソフトは、ウイルス対策とシステムメンテナンスを行なえる統合ソフト「Windows Live OneCare」の正式版販売日を決定した。2007年1月30日に発売、価格はパッケージ版が6500円。

[ITmedia]
photo Windows Live OneCare ※画像はβ版のもの

 マイクロソフトは12月4日、ウイルス対策とシステムメンテナンスを行なえる統合ソフト「Windows Live OneCare」の正式版を発表、2007年1月30日に発売する。価格はパッケージ版が6500円、ダウンロード版が5500円。

 Windows Live OneCareは、現在βテストが行なわれているシステムメンテナンスソフトで、リアルタイムのウイルス監視と削除機能を装備。システムツールとしては、HDD断片化を改称する「パフォーマンス プラス」機能、データのバックアップと復元機能などを利用可能となっている。

 対応OSはWindows XP(SP2)/Vista。


 またマイクロソフトは、Windows Live OneCareの発売を記念した2000円キャッシュバックキャンペーンを開催する。期間は2007年1月30日から2007年6月15日で、期間中にWindows Live OneCareのパッケージ版を購入したユーザーに2000円をキャッシュバックする。また、期間中にダウンロード版を購入したユーザーには、使用開始から90日間無料で試用が可能となる「90日トライアルキャンペーン」が適用される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう