ニュース
» 2007年01月21日 13時52分 公開

IntelとAMDの新CPUがまもなく登場――開戦5秒前!?週末アキバPickUP!(2/4 ページ)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

CEOが一筆したためたRADEON X1950 CrossFireパック

 今週の木曜日、一部のショップにRADEON X1950 XTXと同CrossFire Editionをセットにした限定パッケージ「ATI Radeon X1950 Uber Edition」が入荷した。価格は12万円弱で、限定品のために在庫はごく少数だ。

ATI(AMD)「ATI Radeon X1950 Uber Edition」

 ATI Radeon X1950 Uber Editionに封入されたグラフィックスカードは、ATI純正品ながらリファレンスモデルにくらべてオーバークロックを施している。2枚ともコアクロックは20MHzアップの670MHzで、メモリクロックは100MHz高い2.1GHz。大型クーラーを搭載し、拡張ブラケットを2段占有するのは、リファレンスデザインどおりだ。

 世界中で限定500台の記念製品だけあり、付属品も豪華。ATIが“スパイ風”と呼ぶリーフケースを外箱替わりに使っており、中にはグラフィックスカードのほかに、RADEONのイメージキャラクター「Ruby」をプリントしたゲーマー向けの大型マウスパッドと、Dave Orton氏のサイン入り証明書、性能を保証する「VIPカスタマーケアカード」などが入っている。

 入荷したクレバリー1号店は「2枚のカードを別々に買うより1万円近く安くなります。そのうえレアな付属品も手に入るので、お得なパッケージだと思いますよ」という。調査時で、すでに2個売れたとのこと。

 いっぽう、TSUKUMO eX.ではまだ購入するユーザーが現れていないとか。「10万円を超える高価な製品は週末に売れることが多いですから。COMMANDOと一緒に買っていくハイエンドユーザーに期待しています」と話す。

ダイヤルキーで施錠できるスパイ風のブリーフケース(写真=左)。その中身。マウスパッドがケースいっぱいに広っている(写真=中央)。Dave Orton氏のサインが入った証明書。下段には、シリアルナンバーが刻印されている(写真=右)
製品:ATI(AMD)「ATI Radeon X1950 Uber Edition」
入荷ショップ
クレバリー1号店11万5468円
TSUKUMO eX.11万9800円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.