PC USER Pro
ニュース
» 2007年02月07日 13時00分 公開

デルの“タフネス”ノート「ATG」シリーズが日本上陸

デルは2月7日に堅牢性を施したノートPC「Latitude ATG D620」を発表した。価格は最小構成で25万9350円からとなる予定。

[ITmedia]
Latitude ATG D620

 Latitude ATG D620は、すでに米国で発表されている同名ノートPCを日本向けにカスタマイズしたもので、主要なスペックはほぼ同様。構成はユーザーによって選択可能であるが、CPUにはCore2 Duo T7600/7400/7200/5600/5500が用意され、システムボードのチップセットにはDDR2-667MHzに対応するIntel 945GMを搭載するなど最新のパーツで構成できる。

 ATGとは「All Terrain Grade」の略。Latitude ATG D620はLatirtude D620をベースに堅牢性と防水機能が組み込まれた。筐体の天面には長辺部分のヘリに耐久性を高めた素材と塗装を施し、キーボードは100ミリリットルの水まで耐えられる防滴性能を持たせている。

 また、筐体背面に設けられたインタフェースコネクタを防護するために取り外し式のポートカバーも用意されている。なお、オプションとして2.5インチHDDを収納していたHDDパックに衝撃吸収用のラバーを充填して1.8インチHDDを内蔵したモデルも選択可能だ。

 サイズは337×238.2×43.79ミリ。重さは最小構成時で2.84キロ。液晶ディスプレイのサイズは14.1インチワイドで最大解像度は1280×800ドットとなる。6セルの標準バッテリーパックを搭載した状態で約3.5時間駆動する。屋外でPCを使用することを想定して液晶ディスプレイの輝度は500ニット(ほぼ500カンデラ/平方メートルに相当)とLatitude D620の2倍となる高輝度となり、表面は反射防止のコーティングがなされている。また、夜間使用を想定してキーボードを照らす赤色LEDライトが液晶ディスプレイ上端に用意されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.