ニュース
» 2007年02月20日 11時28分 公開

日立マクセル、Vista対応のWebカメラ3モデル発表

日立マクセルは、Windows Vista対応モデルとなるWebカメラ計3モデル「PM10」「PM9」「PM8」を発表した。

[ITmedia]
photo PM8(左)、PM9(中)、PM10(右)

 日立マクセルはこのほど、Windows Vista対応モデルとなるUSB接続Webカメラ計3モデル「PM10」「PM9」「PM8」を発表、2月21日より発売する。いずれもホワイトとブラックの2カラーバリエーションを用意した。価格はオープン。

 PM10は、130万画素CMOSセンサーを搭載するUSB2.0接続対応の上位モデル製品。解像度とフレームレートは1280×1024ドット時で15フレーム/秒、640×480ドット時で30フレーム/秒となる。ピント調節の不要なオートフォーカス機能を搭載したほか、本体内部に音声マイクを内蔵した。対応OSはWindows XP/Vista。

 PM9およびPM8は、30万画素CMOSセンサー搭載のUSB1.1接続Webカメラで、PM9は音声マイクを内蔵。PM8はWebカメラ機能のみのエントリーモデルとなっている。解像度とフレームレートは640×480ドット時で30フレーム/秒。またPM9は、カメラを上下逆に設置した場合にも反転して正しく表示する自動反転機能を備えている。対応OSは双方Windows 2000 Professional/XP/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.