ニュース
» 2007年05月05日 11時30分 公開

古田雄介のアキバPickUP:連休中の秋葉原に“2枚めの鉄板”マザー (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

8800 GTXの上をいく「GeForce 8800 Ultra」搭載カードが出回る

玄人志向「GF8800U-E768HW」

 5月2日、NVIDIAは先述の「nForce 7050PV」とともに、最上位GPU「GeForce 8800 Ultra」も発表した。8800 GTXの上位モデルで、採用しているシェーダーユニットや高画質エンジンは8800 GTXと同じだが、GPUやメモリ、シェーダーユニットのクロックを引き上げている。アキバには、玄人志向のGeForce 8800 Ultra搭載カード「GF8800U-E768HW」が、発表翌日の3日から出回った。価格は12万円〜13万円で、在庫はごく少数。

 現行最上位のグラフィックスカードは、入荷直後、ベンチマーカーやパワーユーザーに買われていくのが慣例のようになっているが、GF8800U-E768HWは少し事情が違うようだ。入荷翌日の4日にも在庫しているショップが多く、3日に売り切れたTSUKUMO eX.も「TF7050-M2のように一瞬で売り切れた感じではなかったです。閉店間際に、たまたま購入されたという印象ですね」と話す。

 T-ZONE.PC DIY SHOPによると、「8800 Ultraは、8800 GTXのNVIDIA純正オーバークロック(OC)モデルでしかありません。8800 GTXのOS版なら、すでにXFXなど複数のメーカーが独自に製造しています。クロック数の引き上げ幅が大きいのは魅力的ですが、8800 GTXより3万円前後も高くなるので、買い手はつきにくいですね」とのことだ(関連ベンチマーク:GeForce 8800 UltraとGeForce 8800 GTXを「特別なG-Tune」で比較する)。

 なお、ゴールデンウィーク明けには、リードテック製の8800 Ultraカードが複数のショップに入荷する予定だ。価格は13万円強になる予定だが、あるショップは「GF8800U-E768HWが売れないこともあるので、入荷数は最小限に留めます」と話していた。

製品名:玄人志向「GF8800U-E768HW
入荷ショップ
ツートップ秋葉原本店11万9800円
クレバリー1号店12万7968円
T-ZONE.PC DIY SHOP12万8000円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう