ニュース
» 2007年05月10日 18時00分 公開

2007年夏 Vista搭載PC特集:松下電器産業、“Santa Rosa”なLet'snoteを発表

松下電器産業は、5月10日にLet'snote LIGHT Yシリーズの新製品「Let'snote LIGHT CF-Y7」を発表した。“Santa Rosa”世代のCentrinoをLet'snoteラインアップで初めて採用したのが特徴だ。

[ITmedia]
“Santa Rosa”Centrino Duoを採用したLet'snote LIGHT CF-Y7

 Let'snote LIGHT Yシリーズは、14.1インチ、最大解像度1400×1050ドットの大画面液晶ディスプレイを搭載しながら重さが約1520グラムと軽量なのが特徴。今回登場したLet'snote LIGHT CF-Y7はこの特徴を継承しつつ、内部はインテルから発表されたばかりの最新モバイルPCプラットフォーム“Santa Rosa”Centrino Duoを採用している。

 CPUはFSBが800MHzに引き上げられた低電圧版Core 2 Duo L7300(動作クロック1.4GHz)を搭載。チップセットにはグラフィックスコアがIntel GMA X3100に変更されたIntel GM965が搭載されている。“Santa Rosa”Centrinoから導入された省電力機能、「Dynamic FSB Switching」「Enhanced Deeper Sleep」や性能向上機能「Intel Dynamic Acceleration」がLet'snote LIGHT CF-Y7でも利用できるが、バッテリー駆動時間は7.5時間と従来モデルから30分短くなっている。

 なお、“Santa Rosa”Centrinoからオプションで実装されるようになった“Robson”こと「Intel Turbo Memory」は、PCI Expressバスに接続されたNAND型フラッシュメモリを搭載していないためLet'snote LIGHT CF-Y7では利用できない。また、無線LANモジュールに「Intel Wireless WiFi Link 4965AGN」を採用しているがIEEE802.11nには対応しない。

 OSはWindows Vista Businessを導入。それに伴なってメモリ容量はオンボードの512Mバイトと増設用メモリスロットの512Mバイトの合計1Gバイトに、HDDも80Gバイトとそれぞれ従来モデルから増量。直販サイト「マイレッツ倶楽部」ではオンボードメモリ1Gバイト、HDD160Gバイトモデルも用意される。

 従来モデルから取り入れられている「堅牢」機能はLet'snote LIGHT CF-Y7でも継承。HDDやシステム基板に水を侵入させない全面防滴キーボードを採用し、天面全体に対する100キロ加圧試験と30センチ落下試験に耐えるボティを実現している。

愛称Let'snote LIGHT CF-Y7
OSWindows Vista Business
CPU低電圧版Core 2 Duo L7300
チップセットIntel GM965
メモリDDR2 1Gバイト
HDD80Gバイト
光学ドライブDVDスーパーマルチ(DVD+R DLの読み出し対応)
液晶ディスプレイ1400×1050ドット)対応14.1インチ
無線LANIEEE802.11a/g/b
LAN10BASE-T/100BASE-TX
駆動時間約7.5時間
本体サイズ309.6(幅)×245.5(奥行き)×28〜44.5(高さ)ミリ
重量約1520グラム
実売価格27万5000円前後

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう