PC USER Pro
ニュース
» 2007年05月30日 00時45分 公開

日本HP、高品位大判インクジェットプリンタを投入――2008年の市場シェアNo.1を目指す

日本ヒューレッド・パッカード(HP)が大判インクジェットプリンタの最上位機を一新し、グラフィックスアート市場への取り組みを強化する。

[田中宏昌,ITmedia]

グラフィックスアート市場のデジタル化はまだ6%にすぎない

HP グラフィックスアートビジネス担当副社長 VS ハリハラン氏

 日本HPが大判インクジェットプリンタ「HP Designjet」3シリーズ10モデルを投入、あわせてパートナー支援制度を展開することで、グラフィックスアート市場でのシェア拡大を図る。

 5月29日の発表会では、HPアジアパシフィック イメージング・プリンティング・グループ グラフィックスアートビジネス担当副社長 VS ハリハラン氏が同社のグラフィックスアート分野における世界戦略を述べた。

 同氏は23年間に及ぶHPプリンタの歴史に触れ、今のHPは切手からビルのラッピングまであらゆるものに印刷できるとし、「家庭やオフィス、フォトプリンタ以外のグラフィックスアート印刷の市場規模は41兆ページを超えるが、そのうちデジタル化されているのはまだ6%にしかすぎない」と、同分野における市場成長の可能性を指摘。今後も継続した投資と製品ラインアップの強化によって、グラフィックスアートで市場シェアNo.1を目指すとまとめた。

家庭やオフィス、フォトプリントなどを除いたグラフィックスアートは市場全体の86%を占めるが、そのうちデジタル化されたのはわずか6%にしかすぎないという(写真=左)。製品ラインアップの強化(写真=中央)とともに、「印刷品質と色の一貫性」を武器にして同社は市場シェアNo.1を目指す(写真=右)

HP Designjetシリーズの導入事例

プリンティング事業は“ツインタワー戦略”でビジネスを展開

日本HP 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括 挽野 元氏

 続いて日本HP 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括 挽野 元氏が、同社のイメージング・プリンティング事業の戦略と大判インクジェットプリンタのグラフィックス市場戦略について言及した。

 まず、イメージング・プリンティング事業の戦略については、マレーシアのクアラルンプールにあるペトロナスツインタワーの写真を例に「ツインタワー戦略」を解説した。サーバやワークステーションと言ったベースインフラを基に、コンシューマーや中堅企業、SOHO向けのPCやプリンタなどが中心の“ボリュームビジネスタワー”と、エンタープライズやグラフィックスアート、ラッピングなどの“バリュービジネスタワー”という2つのビルに、それぞれを結ぶスカイブリッジをオンラインフォトサービスやバックエンドを支える分野の“タワー強化ブリッジ”に例え、「あらゆる人々に満足してもらえるプリンティング事業を展開していく」と語った。

イメージング・プリンティング事業の戦略を、世界で一番高いツインタワー「ペトロナスツインタワー」(高さ452メートル)に例えて解説(写真=左)。23年に及ぶ同社のプリンタビジネスの成果をまとめたスライド(写真=中央)。HPが取り組む事業(写真=右)で、2006年度はPCを毎分66台、プリンタを毎分100台、サーバを毎分4台販売したという

2008年までに大判プリンタ市場で国内シェアNo.1を目指す

 一方、大判インクジェットプリンタの市場戦略は、デジタル化が進んでいるクリエイティブ分野に注目し、中でも出力サービスや大型ラッピングなどを行っているプリント・サービス・プロバイダーと、カメラマンなどのプロアーティストを中心としたグラフィックス分野とともに、絵画や写真といった芸術作品の高精細な複製を行うデジタルファインアート分野への取り組みを強化するとした。

 具体的な取り組みとしては、幅広い製品ラインアップの展開と最新デジタル・テクノロジーの提供を行うだけでなく、「デジタルファインアート市場を牽引すべく、2007年7月より販売店向けに“グラフィックス販売パートナー制度”を開始するほか、フォトラボや出力ショップ向けに“デジタルファインアート プロダクション・パートナー制度”を展開する」と述べた。

日本国内では、グラフィックス市場やデジタルファインアート市場の年間成長率が伸びている(写真=左)。HPの大判プリンタ戦略(写真=中央)と製品ラインアップ(写真=右)

新たにグラフィックス市場向けに展開される施策で、大判プリンタの販売支援策「グラフィックス販売パートナー制度」(写真=左)と、フォトラボや出力ショップ向けの「デジタルファインアート プロダクション・パートナー制度」(写真=右)

 今回投入される大判インクジェットプリンタは、プリント・サービス・プロバイダーおよびクリエイティブ市場向けのハイエンド機「HP Designjet Z6100」シリーズ4モデルと、CADなどのテクニカル向けの普及機「HP Designjet T1100」シリーズ4モデル、「HP Designjet T610」シリーズ2モデルだ。

 最後に、挽野氏は「これらの方策によって、2008年までに国内の大判プリンタ市場すべてでシェアNo.1の獲得を目指す」と目標を語った。

ハイエンドモデル「HP Designjet Z6100」シリーズの概要(写真=左)。発表会で展示されていた「Z6100ps 60inch」(写真=中央)と「Z6100ps 42inch」(写真=右)

テクニカル市場(CAD)向けの普及機「HP Designjet T1100/T610」シリーズの概要(写真=左)。こちらは「T1100ps 42inch」(写真=中央)で、出力した用紙の耐水デモも行われた(写真=右)

日本国内における大判プリンタの市場シェアをまとめたグラフ(写真=左)で、2008年までに各分野でNo.1になるのが目標だという。会場では、HP Designjet Z2100 44inchで出力されたサルバドール・ダリ「ヴィーナスの夢」(広島県立美術館)の複製が展示されていた(写真=右)

 各モデルの価格と出荷時期は下記の通り。

HP Designjet Z6100シリーズ(6月下旬発売予定)
HP Designjet Z6100ps 60inch 270万9000円
HP Designjet Z6100ps 42inch 207万9000円
HP Designjet Z6100 60inch 228万9000円
HP Designjet Z6100 42inch 176万4000円
HP Designjet T1100シリーズ(6月下旬発売予定)
HP Designjet T1100ps 44inch 115万2900円
HP Designjet T1100ps 24inch 94万2900円
HP Designjet T1100 44inch 94万2900円
HP Designjet T1100 24inch 73万2900円
HP Designjet T610シリーズ(7月下旬発売予定)
HP Designjet T610 44inch 45万9900円
HP Designjet T610 24inch 33万3900円

関連キーワード

HP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう