ニュース
» 2007年08月12日 16時30分 公開

日本AMD、Athlon 64 X2 6400+を「急きょ」発表

“最後”のAthlon“64”となるのだろうか。Phenom発表を2007年中に予定しているAMDから既存モデルの最上位版が登場する。

[ITmedia]

 日本AMDは、8月12日にAthlon 64 X2の最上位モデルとなるデュアルコアCPU「Athlon 64 X2 6400+ Black Edition」(Athlon 64 X2 6400+)を発表した。エンドユーザー向けの出荷開始は8月20日の予定。

 Socket AM2に対応するAthlon 64 X2 6400+は、90ナノメートルプロセスルールを採用し、構成トランジスタ数は2億4300万個になる。内蔵するメモリコントローラはUnbufferedのDDR2-800MHzをサポートして、L2キャッシュ容量はコアあたり1Mバイトで計2Mバイト実装。また、Max Thermal Powerは125ワットに達する。

 以上のように、Athlon 64 X2 6400+のスペックは、従来の最上位モデル同 6000+とほぼ同一だ。スペックで異なるのが動作クロックで、6000+の3GHzに対して、3.2GHzとなる。

 Athlon 64 X2 6400+は、リテール販売のみの特別バージョンという扱いで、パッケージにはヒートシンクとファンが含まれない。パッケージはこのモデルのために特別にデザインされたもので、製品名にある「Black Edition」が示すように、全面黒塗りとなっているのが特徴だ。

 発表時点で価格は明らかにされていないが、出荷が開始する20日には公開されるとAMDでは説明している。

Athlon 64 X2 Black Editionは、スペックを見る限り、Athlon 64 X2 6000+のオーバークロック版と見ることができる。黒1色のパッケージが特徴でリテール販売のみで流通する。ただし、パッケージにクーラーユニットは付属しない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう