ニュース
» 2008年07月11日 21時40分 公開

発売日だけのプレゼントも実施:今日はiPhone、明日はEee PCに並ぶ?――ASUS「Eee PC 901-X」発表会 (1/2)

台北での製品発表後、Atom搭載Eee PCの日本上陸を心待ちにしていたユーザーは少なくないだろう。それは突然やってきた。そして、明日には店頭で買える。

[前橋豪,ITmedia]

Atom搭載Eee PCの日本版「Eee PC 901-X」は7月12日に発売

 ASUSTeK Computer(ASUS)は7月11日、Eee PCの新モデル「Eee PC 901-X」を発表した。7月12日より店頭販売を開始する予定だ。価格はオープン、実売価格は5万9800円前後と予想される。

 Eee PC 901-Xは、CPUにDiamondvilleことAtom N270(1.6GHz)を採用した低価格帯のミニノートPC。COMPUTEX TAIPEI 2008にて発表された「Eee PC 901」の日本市場向けモデルで、2008年1月に発売となった「Eee PC 4G-X」の後継機に位置付けられる。

「Eee PC 901-X」のカラーバリエーションは、パールホワイト(写真=左)とファインエボニー(写真=中央)の2色が用意される。会場にはイーモバイル用のUSBデータ通信端末「D11LC」を装着した機器も展示されていた(写真=右)

 基本スペックはEee PC 4G-Xから全体的に底上げされ、CPUはAtom N270(1.6GHz)、チップセットはグラフィックス機能統合型のIntel 945GSE Express+ICH7M、メインメモリは標準1Gバイト/最大2Gバイト、データストレージは合計12GバイトのSSDを採用する。SSDは物理的に2つのドライブに分かれて搭載され、Cドライブの容量は4Gバイト、Dドライブの容量は8Gバイトだ。

 また、液晶ディスプレイは1024×600ドット表示の8.9型ワイドに高解像度・大型化したほか、ネットワーク機能はIEEE802.11n(ドラフト2.0)とBluetooth 2.0+EDRを新たにサポートした。Eee PC 4G-Xからの主な強化点は、レビュー記事を参照してほしい。


より幅広い層を狙うEee PC、8月上旬には対応アクセサリも発売

ケビン・ドゥ氏

 製品発表会では、ASUSTeK ComputerのAPAC_MEAセールスグループ 日本担当ゼネラル・マネージャーのケビン・ドゥ氏が登壇し、Eee PC初代モデルの実績や新モデルの展望を述べた。

 同氏は「Eee PCは2007年10月に世界向けに発売してから年末までに34万台を販売し、2008年1月から2008年6月までには計165万台を販売、日本でも2008年1月に発売して以来、売り切れになるなど多くの支持を得ている」と好調なセールスを振り返り、新モデルについてはより幅広い層に使ってほしいと期待を込めた。

 「新しいEee PCは、バッテリーや無線LANの強化が生かせるビジネスユーザー、ブログ更新やネットショッピングなどを行う女性、勉強やコミュニケーションツールとして使う子供や学生、そしてSSD搭載で衝撃に強いことからアウトドアで使うユーザーにもおすすめしたい」(ケビン・ドゥ氏)

発表会では、アウトドアルックの男女や、ビジネスマン、ファッショナブルな女性、子供など、さまざまなユーザー層を想定したモデルがEee PC 901-Xを持って登場し、Eee PCの魅力を表現した

リンダ・シェー氏

 Eee PC 901-Xの製品説明は、ASUSTeK ComputerのAPAC_MEAセールスグループ 日本担当Eee PC アカウント・マネージャーのリンダ・シェー氏が担当。同氏はAtomやSSDの採用、バッテリーの大容量化と独自の省電力機能「Super Hybrid Engine」によるバッテリー駆動時間の延長、20Gバイトのオンラインストレージサービスといった製品の特徴を順番に説明した。

 また、日本版だけの特典として、液晶パネルに常時点灯ドットがあった場合、購入後30日以内であれば無償で液晶パネルを交換できる「ZBD」(Zero Bright Dot)サービスを提供し、本体のカラーに合わせたUSBマウスを付属することも紹介した。そのほか、8月上旬には、外付け16GバイトHDD、外付けDVD-RWドライブ、ワンセグチューナー、無線LANアクセスポイントといったEee PC対応アクセサリも発売するという。

バッテリーパックの大容量化と、CPUの動作周波数や電圧などを自動調整する独自の省電力技術「Super Hybrid Engine」により、バッテリー駆動時間は約8.3時間をうたう(写真=左、中央)。新モデルは4GバイトのSDHCメモリーカードが添付しなくなったが、20Gバイトのオンラインストレージサービスが無料で使える(写真=右)

日本だけの特典として提供されるZBDサービス(写真=左)とオリジナルのUSBマウス(写真=中央)。8月上旬には各種アクセサリも販売する(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう