速報
» 2008年10月07日 15時00分 公開

台北より生中継!:Eee PCは天使の羽になった──S101を“いきなり”フォトレビュー (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

羽になったEee PCは、軽く薄く、そして贅沢に

 S101のコンセプトとして、システム構成以上に重要とされるのが「デザイン」だ。ASUS台湾本社のデザインチームから、S101のデザインコンセプトが紹介されたが、従来のEee PCではユーザーにやさしい印象と心地よい使い勝手を提供するカーブを取り入れた「Smooth Curvers」と呼ばれるボディラインだったが、S101では「Smooth Curvers 2.0」と呼ぶ、角を持たせたシャープなボディラインを採用している。

 「Highly Mobile & Fashion Conscious」「Looking for Luxury」とASUSの資料にあるように、S101で重要とされたのは、高級感を感じさせるボディのデザインと質感だ。特に、光沢のある質感はイブニングバックから、そして、シャープなボディラインやデザインアクセントは高級腕時計やペンをモチーフとして取り入れているという。

 S101でもカラーバリエーションモデルが用意されるが、従来のEee PCのようなパステル調ではなく、つややかで光沢を持たせた質感と、シャンパンゴールドやダークブラウンといった高級感のある色調を採用している。

ASUS台湾本社のデザインチームが紹介するデザインコンセプト。従来のEeePCで採用された「Smooth Curvers」と呼ばれるボディラインと(写真=右)、S101で採用された「Smooth Curvers 2.0」と呼ばれる角を持たせたシャープなボディライン(写真=右)

S101の光沢感はイブニングバックから(写真=左)、そして、シャープなボディラインやデザインアクセントは高級腕時計やペンをモチーフとして取り入れている(写真=右)

S101のカラーバリエーションは、従来のパステル調ではなく、シャンパンゴールドやダークブラウンといった高級感のある色調を用意している

 台湾で行われた発表会で明らかになったS101の正式スペックは以下のとおり(2008年10月7日、18:00に追記)。

S101 主要スペック
OS Windows XP Home Edition、GNU Linux
CPU Atom(N270を搭載しているが、スペック表では明らかしていない)
チップセット Intel 945GSE Express+ICH7-M
液晶ディスプレイ 10.2型ワイド(LEDバックライト)、最大解像度1024×600ドット
有線LAN 10/100Mbps
無線LANN IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth V2.0
メモリ DDR2 1Gバイト
ストレージ SSD 16Gバイト/32Gバイト/64Gバイト(Eee Storage 30Gバイト)
内蔵カメラ 有効30万画素
インタフェース アナログRGB、USB 2.0×3、有線LAN、4-in-1(MMC、SDメモリーカード、メモリースティック、同PRO対応)カードリーダー
バッテリー リチウムポリマー(36ワットアワー)
ボディサイズ 264(幅)×180.5(奥行き)×18〜25(厚さ)ミリ
重さ 1キロ
ボディカラー ブラウン、シャンパン、グラファイト

 また、ASUSの日本市場担当者のコメントによると、日本では11月上旬の発表を予定しているとのこと(2008年10月9日、18:00に追記)。

関連キーワード

Eee PC | ASUS | Atom | UMPC | ノートPC | 台湾 | 発表会 | N10J | モバイルPC


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう