PC USER Pro
特集
» 2008年12月12日 18時30分 公開

複合機08-09年モデル徹底検証:第3回 写真も年賀状も高速印刷がいい――複合機7モデルのスピードは? (3/3)

[榊信康,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

PCから自動両面印刷

はがきの自動両面印刷に使用したクレオの年賀状作成ソフト「筆まめVer.19」。価格は6380円だ

 PCを複合機に接続し、自動両面印刷のテストも行った。自動両面印刷に標準で対応するMP980とMP630に、オプションの自動両面印刷ユニットを装着したEP-901FとEP-801Aを加えた計4台での比較だ。なお、PM-A840S、MP620、C6380の3モデルは自動両面印刷に対応していない。

 使用した用紙はA4普通紙とインクジェット対応年賀はがきの2種類だ。A4普通紙の印刷ではカラー文書の「JEITA J9」(全5ページ/両面印刷すると2枚半になる)を原稿として用いた。

 はがきの印刷については、クレオの年賀状作成ソフト「筆まめVer.19」で文面とあて名面のデータを10人ぶん作成し、自動両面印刷機能を用いて印刷を行っている。年賀はがきの文面は、大きなカラーイラストとあいさつの文章を組み合わせた一般的なものだ。

PCから自動両面印刷を行った場合の速度。左がA4普通紙に全5ページ(両面印刷で2枚半)のカラー文書を印刷、右が10枚のインクジェット対応年賀はがきに文面とあて名面をまとめて印刷した結果だ

 テスト結果は、自動両面印刷機能がオプション扱いとなるEP-901FとEP-801Aが大差で上回った。A4普通紙2枚半(5ページ)の印刷で1分39〜41秒程度、はがき10枚(文面とあて名面の両方)の印刷で6分13〜27秒程度と軽快だ。オプションの自動両面印刷ユニット「EPADU1」が実売価格3000円前後と高くないのもいい(奥行きは70ミリ程度長くなるが)。

 MP980とMP630については、A4普通紙2枚半(5ページ)の印刷で3分36〜39秒程度、はがき10枚(文面とあて名面の両方)の印刷で9分16〜18秒程度という結果だ。1分以内に年賀はがき1枚の文面とあて名面をまとめて印刷できると考えると不満はないが、EP-901FとEP-801Aには差をつけられている。印刷速度自体にはそれほど差はないのだが、MP980とMP630は用紙反転時の待ち時間が長い。これが積もり積もって、10枚のはがき印刷では約3分の差が開いてしまったのだ。

エプソンとキヤノンの上位モデルが優勢

 以上、さまざまなパターンで印刷速度を比較してきたが、安定して高速性を発揮したのはエプソンの新鋭機であるEP-901FとEP-801A、そしてキヤノンの上位機であるMP980とMP630だった。残る3モデルも決して印刷速度が遅いわけではなく、家庭に置くプリンタとして十分な速度を確保しているが、印刷速度を重視して選ぶならば、この4モデルが有力候補になるだろう。


 次回はいよいよプリンタ選びで最も気になるであろう「画質」を検証する。第4回はこちら

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう