ニュース
» 2013年09月13日 00時45分 公開

新Ultrabook「Latitude 7000」シリーズが登場:前年比20%超成長でシェア急拡大のデル、新ビジネスPC投入で“逆襲の第2章”へ (2/2)

[池田憲弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

シェア拡大傾向のデル、新製品投入で“攻め”の姿勢

photo デル エンドユーザーコンピューティング統括本部 統括本部長のデイビッド・デン氏

 同日行われた発表会では同社 エンドユーザーコンピューティング統括本部 統括本部長のデイビッド・デン氏が、ビジネス向け製品におけるトレンドを説明した。

 2013年第2四半期(4月〜6月)の国内PC出荷台数において、ほとんどの国内メーカーが個人向け製品を中心に出荷台数が減ったのに対し、デルは前年同期比で20.4%もの成長率を達成した(IDC調べ)。これは同社のビジネス向けPCが前年同期比25.2%増と躍進したのが大きい。同社のシェアは11.5%に増え、日本HPを抜きメーカーシェアは4位に浮上している。

 デン氏は「ユーザーの声を取り入れ、時代に合ったマシンやサービスを提供してきた結果」とこれを評価し、今後もシェア拡大を目指すとアピールした。Windows XPのサポート終了期限が迫りつつある今、法人向けPCは買い替え需要が伸びているが、こうした移行こそ「デルの強みが最大限に発揮できる分野」とデン氏は強調する。

 昨今のデルは、PCベンダーとしてのイメージを脱却し、自社をデバイスからサービス、ソリューションまで展開するトータルソリューションプロバイダを目指すとアピールしている。デン氏はアプリケーションのコンフィグレーションサービスや、OS移行の自動化ソリューションなどを紹介しつつ、「企業のIT部門における運用管理を楽にしたり、情報漏洩リスクを低減できる」と自社サービスのメリットを挙げた。

photophotophoto 2013年第2四半期(4月〜6月)における国内PC出荷台数は、多くの国内メーカーが前年同期比でマイナス成長となるなか、デルは20.4%増を達成。ビジネス向けPCが25.2%増と特に好調だった(写真=左)。デルはデバイスからサービス、ソリューションまで提供できる企業であることから、企業のWindows XPリプレース需要にしっかりと応えられるとデン氏はアピールした(写真=中央、右)

 今回の新たに投入したLatitude 7000およびLatitude 3000は、それぞれ今まで同シリーズがアプローチできていなかったユーザー層を狙った製品だ。「UltrabookのLatitude 7000は外出が多いモバイルPCのヘビーユーザーに、スタンダードな仕様が特徴のLatitude 3000は、オフィス内での作業が中心となるユーザーに高い生産性をもたらすマシンとして投入した」(同社 クライアント製品&ソリューションマーケティング本部 マーケティング マネージャー 金 秦英氏)という。デン氏は今回の新製品投入で「(第2四半期の躍進に続く)デル逆襲の第2章がスタートする」と自信を見せた。

photophotophoto Latitudeシリーズの新製品を紹介したデル クライアント製品&ソリューションマーケティング本部 マーケティング マネージャー 金秦英氏。新製品について「こんなにいい製品ができたのかと驚いている」とコメントした(写真=左)。Latitudeシリーズのターゲットユーザー(写真=中央)。Precisionシリーズの新製品を紹介した、デル クライアント製品&ソリューションマーケティング本部 ワークステーションブランドマネージャーの中島章氏(写真=右)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう