ニュース
» 2013年09月24日 10時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「スマホも茶軸で」――Bluetooth対応FILCOキーボードが登場 (3/4)

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

AMD次世代規格「Socket FM2+」に対応したA88Xマザーが3モデル登場!

ギガバイト「G1.Sniper A88X」

 マザーボードは、AMDの新チップセット「AMD A88X」を搭載したギガバイトの3モデルも注目株だ。ゲーミングモデル「G1.Sniper A88X」とスタンダード上位「GA-F2A88X-UP4」、スタンダード中位「GA-F2A88X-D3H」で、価格は順に1万3000円前後と1万4000円弱、1万1000円弱となる。すべてATXサイズで、ソケット形状は最新の「Socket FM2+」を採用している。従来のSocket FM2と互換性があり、現在流通している「Richland/Trinity」世代のAシリーズも搭載可能だ。

 3モデルとも、2013年内の投入が予定されている次世代APU(コードネーム:Kaveri)に対応しており、Kaveriと組み合わせることでPCI Express 3.0をサポートするのが特徴だ。G1.Sniper A88Xは交換可能なオペアンプを採用するなど音響性能に注力した仕様で、GA-F2A88X-UP4はHDMIやDP、DVI、アナログVGAの4系統映像出力やeSATAポートを備えるなど、高い拡張性を備えている。

 入荷したTSUKUMO eX.は「新ソケットや新チップセットに注目している人はまだほとんどいないです。G1.Sniper A88XはAMD系で貴重なゲーミングマザーとして注目されていますが、本格的に売れ出すのはKaveriが投入された後なのかなと思います。盛り上がってくれるといいですが」と将来のヒットに期待していた。

ギガバイト「GA-F2A88X-UP4」(写真=左)。ギガバイト「GA-F2A88X-D3H」(写真=右)

関連キーワード

アキバ | Haswell | パーツショップ | 自作


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう