ニュース
» 2013年11月05日 10時40分 公開

厚み21ミリの超薄CPUクーラー「AK-CC7129EP01」がアキバで話題に古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

MSIから8000円切りのHaswell対応mini-ITXマザー「H81I」が登場

 mini-ITXマザーで各ショップの評価が高いのが、MSIのH81搭載モデル「H81I」だ。2基のDDR3スロットとSATA3ポート、4基のUSB 3.0ポートと1基のPCI Express x16スロットを備える標準的な構成で、価格は8000円弱となる。

 パソコンハウス東映は「H81搭載のmini-ITXマザーの中で1番安い……つまり、Haswell対応のmini-ITXマザーで最安なので、定番人気を獲得する可能性は十分にあります。MSI独自の品質規格にも適合していますし、H87やZ87の付加機能がいらないという人には魅力的だと思います」とプッシュする。

MSI「H81I」

ギガバイト「GA-C1037UN-EU」

 CPUオンボードタイプでは、ギガバイトから「GA-C1037UN-EU」が登場している。Celeron 1037U(1.8GHz)を搭載しており、チップセットはHM70。価格は1万1000円弱から1万2000円弱のあいだだ。2013年4月に登場した「GA-C1007UN-D」から100MHzクロックが高いCPUに強化した仕様で、SATA3ポート1基とSATA2ポート2基とともに1基のIDEポートを備えるなど、新旧の規格が併用できるのが特徴。映像出力にもHDMIとD-Sub 15ピンを揃えるほか、背面にシリアルポートも並べている。

 TSUKUMO eX.は「前モデルではファンつきだったのが、ファンレスになったのも特徴です。ファイルサーバやサブマシンなどで割り切って使うぶんにはいい感じのマザーだと思いますよ」と話していた。

関連キーワード

アキバ | Haswell | パーツショップ | 自作


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう