ニュース
» 2014年06月30日 11時32分 公開

本命CPU「Core i7-4790K」登場、アキバでの評判は?古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

ブレイドアンドソウル推奨GTX 750カードやSapphireのOC版R9 290Xカードなどがデビュー

ELSA「GeForce GTX 750 1GB S.A.C B&S」

 先週はグラフィックスカードの新製品も多かった。複数のショップで注目を集めていたのは、ELSAのGeForce GTX 750カード「GeForce GTX 750 1GB S.A.C B&S」。全長145ミリのショート基板を採用したカードで、オンラインRPG「ブレイドアンドソウル」のクライアントDVDや特典クーポンが付属しているのが特徴だ。価格は1万7000円前後となる。

 TSUKUMO eX.は「そこまで高画質にこだわらないなら、GTX 750でもブレイドアンドソウルが遊べるということを示す入門機的な存在です」と話していた。

 ハイエンド系では、SapphireからRadeon R9 290Xカード「VAPOR-X R9 290X 4GB GDDR5 TRI-X OC(UEFI)」と「VAPOR-X R9 290X 4GB GDDR5 TRI-X(UEFI)」が登場している。価格は9万円弱と8万6000円弱。どちらもGDDR5 4Gバイトメモリを積み、オリジナルクーラー「VAPOR-X」を採用している。コア/メモリクロックは、「TRI-X OC」が1080MHz/5.64GHz、「TRI-X」が1030MHz/5.3GHzとなる。

 入荷したパソコンショップ・アークは「最近の傾向だと、VRAM関連のスコアはRadeonのほうがよい成績をたたき出すことが多いので、ゲームによってはR9 290XがシングルGPU最強にもなり得ます。SapphireのVAPOR-Xシリーズということで、確実なニーズがありそうです」とコメントしている。

Shapphire「VAPOR-X R9 290X 4GB GDDR5 TRI-X OC(UEFI)」(写真=左)。Shapphire「VAPOR-X R9 290X 4GB GDDR5 TRI-X(UEFI)」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.