ニュース
» 2014年09月19日 11時30分 公開

大解説! NVIDIA新世代GPU「GeForce GTX 980」「GeForce GTX 970」の新機能高性能なMaxwellがやってきた(2/5 ページ)

[本間文,ITmedia]

DirectX 9対応ゲームでも4K相当の画質を実現する「DSR」

 最新ディスプレイ環境への対応では、より多くのユーザーが“4K”ディスプレイ環境でゲームを楽しめる機能を用意している。NVIDIAでゲーミング技術などの開発・マーケティングを担当するトム・ピーターソン氏は、現在のPCゲームは「DARK SOULS II」のように、ゲームプレイにおけるフレームレートは高くても、最新DirectXをサポートするゲームに比べるとグラフィックス品質が劣るものと、「Battlefield 4」のようにグラフィックス品質は高くても、ゲームプレイ時のフレームレートが低い、2つの種類のゲームに分類できると語っている。

 そこで、GeForce GTX 980では、このトレードオフを解消する技術として、「Dynamic Super Resolution」と「MFAA」という技術に対応した。

NVIDIAでゲーミング技術などの開発・マーケティングを担当するトム・ピーターソン氏(写真=左)は、DARK SOULS IIのように、グラフィックス負荷が低いタイトルにおいてイメージ品質を引き上げるためにDynamic Super Resolution技術が有効だと説明した(写真=右)

 「Dynamic Super Resolution」(DSR)は、現在主流の1080pディスプレイでも4Kクオリティのゲームプレイを楽しめるようにする技術だ。具体的には、ゲームそのものは4K解像度などの高解像度でレンダリングし、画面出力時にディスプレイにあった解像度に変換することで、グラフィックス品質を向上させる。DirectX 9ベースの「DARK SOULS II」のように、グラフィックス負荷の低いゲームタイトルを、より高画質で楽しみたいという用途に適している。

 DSRは、GeForce Experience対応ゲームタイトルであれば、グラフィックス負荷に応じて自動的に有効にできるほか、ユーザーがドライバ側でDSRを有効にすることもできる。ピーターソン氏は「DSRは、当面はGeForce GTX 980とGeForce GTX 970のみの対応となるが、順次対応機種を拡大していく予定だ」と、従来のGPUでもDSRを利用できる見通しを示している。ただし、DSRは「ゲームを4Kで処理するため、グラフィックスカード側の性能も重要」ということもあり、4Kディスプレイ環境で十分な性能が発揮できるグラフィックスカード、またはSLI環境が必須となる。

DARK SOUL IIを1080pでプレイしたときの画面(写真=左)と、1080pディスプレイでもDSRを有効にしたときの画面(写真=右)。拡大した草の輪郭で分かるようにDSR有効時でディテールが向上する

DSRではゲームを1080pの4倍の解像度を持つ4Kでレンダリングし(写真=左)、これを画面出力時に再度1080pにスケーリングすることで(写真=右)、より緻密な表現を可能にしている

DSRは、GeForce GTX 980を利用すれば、GeForce Experienceで自動的に有効化できる(写真=左)。DSRはGeForce Experienceだけでなく、ドライバでも設定できる(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.