連載
» 2014年12月10日 11時56分 公開

最新iPhone×iPad×iMacを連携させまくって活用する!至高のITマリアージュ(3/3 ページ)

[柳谷智宣,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

電車の中でiPhone>自宅のiPad>会社のiMacで流れ作業!

 iOSデバイスでの作業をシームレスに連携する「Handoff」も超絶便利だ。従来であれば、作業したファイルを保存、メールやクラウドで保存して、アプリで読み込むといった流れが、自動的に行えるのだ。

 例えば、iPhoneでメールを作成すると、リアルタイムで共有され、その続きをどの端末でも書けるようになる。Safariで開いているページや「マップ」アプリで表示している地図も共有可能。メールの作成中にトイレに立ち、移動中やトイレ中にiPhoneで続きを書き、席に戻ってワンクリックすれば、さらにその続きを入力できる。アポイントメントを企業への行き方を調べたものの印刷を忘れてしまった、というときは、iPhoneを開けば該当ページが表示される。

 「Pages」や「Numbers」、「Keynote」などのオフィスアプリも「Handoff」機能を利用できる。隙間時間にiPhoneの「Pages」で報告書や小説などを書き散らし、帰社・帰宅後にMacで整えるといったこともスムーズに行える。電車で移動中に「Keynote」で発表者ノートをつらつらと書いて、スライドは大画面iMac 5Kで作成するのもあり。

 Handoffに対応するアプリも続々と登場してきている。ToDo管理アプリの「Wunderlist」や画像編集アプリの「Pixelmator」などが人気だ。データをiCloud Driveに保存し、共有するといった連携なら、日記アプリの「Day One」やマインドマップアプリの「Mindnode」をはじめ、さらに多数のアプリが対応している。

電車の中でメールを書けるところまで書く

自宅のMacを起動すると、ドックの左にアイコンが出るのでクリック

メールの続きを書ける。差出人はメールアプリによるので、必要に応じて変更する

iPhoneやiPadなら、アプリ切り替え画面に「Handoff」メッセージが出る

SafariもHandoffに対応している

Handoffの連携データがあると、ロック画面にもアイコンが表示される

Handoffを開くと、他の端末で閲覧していたWebページが表示される

 これらの連携機能を利用できるのは、iPhone 5以降、iPad(第4世代)、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデル、iPod touch(第5世代)だ。Macなら最新のYosemiteをインストールすればいい。最新OSに無料でアップデートできるのがうれしいところ。

 以上のように、iOSデバイスの連携機能は非常に便利。一度設定してしまえば、利用する際に手間がかからないのがいい。そろそろAndroidタブレットを新調しようかと思っていたが、これでiPad一択になってしまった。この快適さ、ぜひ試していただきたい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう