レビュー
» 2014年12月22日 18時45分 公開

10.1型「ヨガタブ2」徹底検証(前編):“銀のAndroid”と“黒のWindows”――どちらも選べる「YOGA Tablet 2-10」を使い比べてみた (2/4)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

ホールド、スタンド、チルト、そしてハング――4モードで自由に使える

 YOGA Tablet 2ではスタンド機構も進化した。スタンドのチルト角度は水平に近い約165度まで開くようになり、従来からある「ホールド」「スタンド」「チルト」の3モードに加えて、スタンドに設けられた「穴」をフックなどに引っ掛けて吊下げる「ハング」モードにも対応している。

 独自のボディデザインで利用シーンに応じた4つのモードが選択できるのは、YOGA Tablet 2最大の魅力だ。

「ホールド」モード

 「ホールド」モードはスタンドを閉じ、縦位置で手に持って使う状態だ。タブレットとしては基本的なスタイルで、Webブラウズや電子書籍の閲覧などに適している。シリンダーフォルムの丸みにより、片手で握りやすい。液晶ディスプレイのフレームも十分な幅があるため、指をしっかり添えてホールドできる。

片手で握ることを想定した「ホールド」モード。写真では左に盛り上がったシリンダー部を握ると、持ちやすく、手が疲れにくい
ホールドモード時の背面。シリンダー部に内蔵したスタンドは閉じた状態だ
Androidモデル(写真=左)とWindowsモデル(写真=右)におけるホールドモードのソフトウェアキーボード入力。ホールドモードは片手で持つには握りやすいが、両手の親指でキーボードを打つ場合は、左右非対称なため、ユーザーの慣れを要する。10.1型ワイド画面は、中央のキーが届きにくいため、手のひらを画面側に回り込ませて打つことになる

「スタンド」モード

 「スタンド」モードはその名の通り、内蔵スタンドを開いてフォトフレームのように立てた状態だ。映像コンテンツの視聴やカジュアルなタッチ操作に向く。先代よりシリンダーの径は少し小さくなったが、安定感は維持している。金属製スタンドは強度がしっかりしており、タッチ操作で普通に触れた程度では後ろに倒れたりしない。画面のチルト角度も柔軟に調整できる。

ちょっとしたスペースに立てて設置できる「スタンド」モード。YOGA Tablet 2ではホールドモードとともに利用頻度の高いスタイルだ
スタンドモードの背面。シリンダー部に内蔵したスタンドを手で開いて自立させる。金属製スタンドの剛性に不満はないが、そのまま引きずると、デスクに傷が付く場合もあるので注意したい
スタンドモードを横から見た様子
スタンドにはチルト機構があり、画面の角度を無段階に変えられる(ここからさらに倒すと、自重で後ろに倒れる)

「チルド」モード

 「チルド」モードはスタンドを立てて、画面が手前、シリンダー部が奥になるように傾斜を付けて寝かせた状態だ。両手でソフトウェアキーボードを用いて、まとまった文章を入力する場合や、画面を寝かせてゲームアプリをプレイする場合に役立つ。10.1型と画面が大きいだけに、文字入力はしやすい。ちなみに、WindowsモデルはBluetoothキーボードカバーが付属するため、Androidモデルより文章入力に適している(詳しくは後述)。

「チルト」モードは、画面を寝かしつつ、適度な傾斜をつけられるので、ソフトウェアキーボードでのタイピングがしやすい
チルトモードの背面。内蔵スタンドがキーボードスタンド代わりになる
チルトモードを横から見た様子
チルトモードの状態でも画面の傾斜角度は微調整できる
シリンダーフォルムにより、完全に寝かせても画面に少し傾斜が付いた状態になる。縦位置表示の場合、左右どちらかに少し傾いた状態になってしまうため、縦位置で寝かせて使うスタイルはおすすめしない
Androidモデル(写真=左)とWindowsモデル(写真=右)におけるチルトモードのソフトウェアキーボード入力。スタンドによる傾斜と、10.1型ワイド画面によって、ある程度の長文も書ける

「ハング」モード

 「ハング」モードでは、壁掛けで利用できる。スタンドの穴を引っ掛けるフックさえあれば、どこにでも吊下げられるので、テーブルなどの設置スペースがない場所で両手をフリーにして使いたい場合、あるいはデジタルサイネージ的な利用も考えられる。重量は約619〜629グラムと軽いので、タブレットの重さで引っ掛けたフックが折れてしまうようなことはほとんどなさそうだが、転落による破損には注意が必要だ。

新たに追加された「ハング」モード。約165度まで開く新スタンドと、スタンドに設けられた穴により、吊下げての設置が可能になった。今までにない使い方が考えられるユニークなスタイルだ
ハングモードの背面。金属製のスタンドに開けられた穴なので、穴の周囲が折れ曲がったりするようなことはない

 こうした4つのモードは、AndroidモデルもWindowsモデルも変わらない。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう