レビュー
» 2015年03月11日 18時00分 公開

「Apple Watch」であなたの生活はこう変わる林信行が踏み込んで解説(2/5 ページ)

[林信行,ITmedia]

6種類のバンド、1つ1つに壮大な開発ストーリー

 さて、以前の記事にも書いたが、Apple Watchの主な役割は、まず第一に現代を代表する最高の時計を目指した製品であり、第二に新しいより親密な(それでいて重くない軽快な)コミュニケーションを実現するものであり、さらに使う人の健康を管理・促進することだ。

 本日、実際に製品を試すセッションは、すでに書いた内容は把握したうえで臨めたので、1歩踏み込んだApple Watchの魅力を見ることができた。

Apple Watch Sport

Apple Watch

Apple Watch Edition

 まだ、実際のApple Watchを見ていない人は、どうしてもApple Watchの本体部分、つまりタッチパネルを備えたデジタル機器の部分ばかりに注目していると思う。しかし実はApple Watchはバンドの部分――最も手ごろなスポーツ用のバンドから最上級のバンドまで、1つ1つにとんでもないレベルの工夫が施されている。

 全部解説しているとどんどん記事が長くなってしまうので、ぜひ詳細はアップルの公式ホームページを読み込んでほしいのだが、例を挙げると、ステンレススチールの光沢が美しい「リンク・ブレスレット」というバンド。これは一見、これまでの時計にもあったリンク・ブレスレットに見えるかもしれない。このタイプの腕時計をはめたことがない人は分からないかもしれないが、通常はサイズを調整する際には時計を時計屋さんに持ち込んで特殊な工具を用いて調整してもらう。あらかじめ太い腕用になっている状態から、いくつかリンクと呼ばれる構成要素を外してサイズを調整するのだ。

 ところが、Apple Watchの「リンクブレスレット」は1つ1つのリンクの裏に爪で押し込めるボタンがついていて、これを押すことで工具なしでユーザーが簡単にリンクの付け外しができる。しかも、それでいてまるで精密工具で組み上げられたような美しさを保っている(特にスペースグレイのリンクカバーは、目の前にあってもSF映画に出てくる宇宙船部品のCG映像のような不思議かつ未来的な光沢を放っていて見とれてしまう)。実際にこのバンドは、使用するステンレススチールの素材の選定から始まり、バンド1個分のリンクを磨き上げるのに9時間もかけて製造しているという。

リンクブレスレット

 Apple Watchのバンドですごいのは、このリンクブレスレットだけではない。19世紀にミラノで生まれたというバンドにアップルらしい強力マグネットの吸着という21世紀的な要素を取り入れた「ミラネーゼループ」、エレガントで肌触りのよいフランス製の革にマグネット吸着のモダンなバックルを添えた「モダン・バックル」、ヴェネツィア産のレザーに手間をかけてまったく不自然に見えないように強力マグネットを埋め込んで手に巻きつくようにした「レザー・ループ」、軽快で表面のテクチャーが腕に心地よいサラサラ感を伝えてくれるオランダの革を使った「クラシック・バックル」、そして肌触りがよく頑丈な樹脂素材エラストマーを非常にうまく使った「スポーツバンド」。

ミラネーゼループ

 これら6種類あるバンドのすべてが、素材選びから製造工程、そして仕上げに至るまで長々と紹介文がかけるくらいに練られた作りとなっていて、時計好きの人だけでなく、ファッション好き、デザイン好きの人にも大きな喜びを与えてくれる。

 アップルのデザインチームは、おそらくこれらのバンド1つ1つについて、新製品を1個開発するのと同じくらいの時間と労力をかけているはずだ。彼らがそこまでの手間をかけてバリエーションを用意したのは、やはり時計というのが、これまでのスマートフォン以上に身体に近い道具であって、1人1人を彩るパーソナルなアイテム、ファッショナブルなアイテムでなければいけない、という考えがあったからだろう。

 この思いはApple Watchの画面上に表示される時計の盤面にもよく表れている。Apple Watchに用意された基本の盤面デザインは9種類だが、そこに色の変更や、付け加えるコンプリケーション(付加情報)の組み合わせなどを加えてカスタマイズした際のバリエーションはなんと200万通り近くに及ぶという。

 実際にカスタマイズしている様子を動画で撮影することができたので、ほかの機能と一緒に下の動画で確認してほしい(カスタマイズしている様子は2分55秒目あたりから始まる)。

Apple Watch試用した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.