PC USER Pro
連載
» 2015年12月08日 11時15分 公開

SOHO/中小企業に効く「オンラインストレージ」の選び方(第3回):使える! 即戦力の「法人向けオンラインストレージ」15選 (2/3)

[山口真弘,ITmedia]

料金

 法人向けオンラインストレージの料金体系は、セットアップにあたっての初期料金と、月額料金の二本立てになっている場合が多い。月額料金は主にユーザー数(ID)および容量によって決定されるが、サービスによってはユーザー数が無制限だったり、ゲスト用のIDを別にカウントする場合もある。

OneDrive 「OneDrive」

 また容量は個人単位で割り当てる場合と、総容量を割り当ててシェアする場合とがある。実際にサービスを選ぶにあたっては、まず必要とする容量、例えば「一人あたり10GB」「総容量1TB」といった基準を設け、これをベースに価格を比較すると分かりやすい。

 また多くのサービスでは、ボリュームディスカウントに加えて、非営利機関や教育機関に対する割引を行っている。こうしたディスカウントプランに該当する可能性があるのなら、候補を何社かに絞り込んだうえで、問い合わせてみるのもよいだろう。

動作環境

 多くのサービスはWindows環境での利用を前提としているが、業種によってはMac環境からの利用が必要になる場合もあるだろう。単にWin/Mac対応と言っても、ブラウザからのアクセスを指す場合もあれば、同期ツールが用意されている場合もあったりと、「対応」の意味は幅広い。

 スマホ・タブレット対応についても、専用のiOS/Androidアプリを使用する場合もあれば、ブラウザ経由の場合もあるなど、同様にサービスによって指す機能は大きく異なるので注意したい。

機能

 具体的な機能については前回の記事を参照してほしい。気をつけたいのは、機能ごとに追加料金が設定されていたり、特定のプランでしか提供されないケースがあることだ。必須の機能については標準料金の中に含まれているか必ず確認し、そうでない場合は追加料金を含めて比べたほうが、後々予算との隔たりが少なくて済む。

サポート

 多くのサービスはメールサポートが基本で、電話によるサポートに対応する事業者は多くない。どうしても電話が必要という場合は、あらかじめ選定条件に含めておいたほうがよいだろう。またチュートリアルやヘルプの充実度も要チェックポイントで、ドキュメント類が充実していたり、専用サポートサイトが用意されている場合は、メールなどでのサポート体制にやや不安があっても相殺できることが多い。

 海外サービスでは日本語対応ドキュメントが用意されていない場合もあるので、こちらもざっとチェックしておきたい。

サーバの所在地

 チェックが欠かせないのがサーバの所在地だ。オンラインストレージを災害対策の一環として活用するのであれば、自社に近いデータセンターを選んでしまうと、万一の際に共倒れになる危険がある。国外サーバのほか、沖縄などにデータセンターを設けている事業者もあるので、利用目的を考慮して選ぶとよいだろう。

IIJドキュメントエクスチェンジサービス 「IIJドキュメントエクスチェンジサービス」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう