ニュース
» 2018年01月22日 12時49分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:マイニングブーム再燃 品薄GPUは拡大中 (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

SanDiskの新シリーズ「X600」が登場! 512GBで税込み2万円弱

 ストレージ関連では、SanDiskからSSDの新シリーズ「X600」が登場している。2.5インチSATAモデルとM.2(SATA)モデルがあり、どちらも3D TLC NANDを採用している。2.5インチモデルは2TB/1TB/512GB/256GB/128GBの5種類があり、税込み価格は順に7万3000円弱、3万8000円弱、2万円弱、1万2000円弱、8000円弱となる。M.2モデルは512GB/256GBモデルが先行で登場しており、同2万円弱と1万2000円弱で売られている。

 入荷したパソコンSHOPアークは「従来シリーズよりも耐久性が向上したモデルになります。ビジネス向けのエラー訂正機能を備えていたり、メーカー5年保証がついたりと、いろいろと進化点が見えますね」と評価していた。

SanDisk「X600」シリーズ

X600シリーズのM.2モデル

 また、同じWDのSSDとしては、M.2(SATA)の低価格シリーズ「WD GREEN」の240GBモデル「WDS240G2G0」と120GBモデル「WDS120G2G0B」が登場している。税込み価格は1万円弱と6500円前後だ。

「WD GREEN」の新モデル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう