ニュース
» 2018年12月21日 14時13分 公開

サードウェーブ、データを本体に残さないセキュアツールを導入した社外業務向けノートPC

サードウェーブは、社外業務に向くデータレスPCソリューションを標準で導入したノートPCを発表した。

[ITmedia]

 サードウェーブは12月21日、社外業務に向くデータレスPCソリューションを標準で導入したノートPC「DX-KS H3 Flex Work Place Passage Drive搭載モデル」を発表、2019年1月22日に販売を開始する。価格は2年モデルが9万9980円、3年モデルが11万9980円(税別、それぞれPassage DriveおよびOffice 365の使用料が含まれる)。

photo DX-KS H3 Flex Work Place Passage Drive搭載モデル

 OSとしてWindows 10 Proを導入したビジネス向けノートPCで、横河レンタ・リース製のデータレスPCソリューション「Flex Work Place Passage Drive」を標準で導入しているのが特徴。Windows環境を維持しつつ、クラウド上に作業データを保存することでクライアントPC側にデータを残さないデータレス化を実現できる。

 本体仕様は、ディスプレイが1366×768ピクセル表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵、CPUはCore i3-7100U(2.4GHz)を搭載。メモリは4GB、ストレージは500GB HDDを装備している。本体サイズは382(幅)×256(奥行き)×23.9mm(高さ)mm、重量は約1.8kg。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう