PC USER Pro
ニュース
» 2019年01月28日 16時47分 公開

パナソニック、業務向けの堅牢7型Androidタブレット シリーズ最薄のスリム筐体を実現

パナソニック モバイルコミュニケーションズは、堅牢筐体を採用した7型タブレット端末「TOUGHBOOK FZ-L1」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズは1月28日、堅牢筐体を採用した7型タブレット端末「TOUGHBOOK FZ-L1」シリーズを発表、法人向けに2月14日から順次販売を開始する。通信キャリア回線対応の“ワイヤレスWANモデル”と“Wi-Fiモデル”を用意、それぞれにバーコードリーダー搭載モデルもラインアップする。価格はいずれもオープンだ。

photo FZ-L1シリーズ

 IP65/67準拠の防塵(じん)、防滴/防水性能と150cmからの落下試験をクリアする耐衝撃性能を備えたタブレット端末で、“TOUGHBOOK”シリーズ最薄の厚さ13mmを実現。手袋装着時や水にぬれた手でもタッチ操作を行える。OSとしてAndroid 8.1を導入、EMMツールとの連携でIT管理者による一元管理が可能となっているのも特徴だ。

 製品バリエーションとしてNTTドコモ、KDDI(au)のLTE/3G音声通信(別途回線契約が必要)に対応したモデルや、バーコードリーダー搭載モデルも用意。電源を切らずにバッテリーパックを交換できるウォームスワップ機能にも対応しており、別売の予備バッテリーパックなどを用意することで連続運用を実現できる。

photo バーコードリーダー搭載モデルの使用時イメージ(ハンドストラップ、ヘッドセットは別売)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう