ニュース
» 2019年02月05日 15時32分 公開

「ヴォイニッチ手稿」を再現できるフリーフォント「ヴォイニッチ等幅」 商用可

[井上輝一,ITmedia]

 1912年にイタリアで発見され、いまだに解読されていない古文書「ヴォイニッチ手稿」に書かれた文字を表示できるフリーフォント「ヴォイニッチ等幅」が公開されている。

戸塚こだまさんが作成したフリーフォント「ヴォイニッチ等幅」

 作成したのは、UIデザインなどを手掛ける戸塚こだまさん。パズルゲーム用に起こしたフォントだったが、諸事情によりゲーム化を断念したためにフリーフォントとして公開したという。

ヴォイニッチ手稿に書かれたオリジナルのヴォイニッチ文字

 ヴォイニッチ文字の種類は、ヴォイニッチ手稿についてまとめたサイト「The Voynich Manuscript」で利用されているフォント「EVA hand1」に準拠しており、全てのアルファベットに対応しているわけではない。

 ヴォイニッチ等幅で入力できるのは、「w」以外のアルファベット小文字と、アルファベット大文字10種類「A」「F」「H」「I」「K」「O」「P」「S」「T」「Y」だ。

 EVA hand1は個人利用に限っているが、ヴォイニッチ等幅は商用利用可能。なお、二次配布は不可で、利用による損害の責任は負わないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう