ニュース
» 2019年03月04日 17時29分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:GeForce GTX 1660 Tiカードの裏で、好調なRadeon RX 590/580/570 (1/4)

GeForce GTX 1660 Tiカードのラインアップが順調に増える中、売れ行きの面でRadeon RX 590/580/570の存在感が無視できなくなってきたと語るショップが複数あった。ブランドの壁って、もうない?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

 2月22日以降、「GeForce GTX 1660 Ti」搭載カードの新製品ラッシュが続いている。先週もASUSTeKからは3連ファン搭載モデル「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」と、シングルファン採用の174mm長モデル「PH-GTX1660TI-O6G」、玄人志向からはデュアルファン採用の「GF-GTX1660Ti-E6GB/DF」が登場している。税込み価格は順に4万6000円強、4万1000円前後、3万8000円前後。

 「各店が(先に在庫を裁きたい)GTX 1060中心の売り方をしていることもあって、まだ注目を浴び切れていない感じがあります」(パソコン工房 秋葉原BUYMORE店)といったコメントが聞かれるように、GPU全体の売れ行きはまだ本調子ではない様子だ。しかし。「税込みで3万円台後半になるモデルはちょくちょく売れていますね」(TSUKUMO eX.)といった声もある。

ASUSTeK「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」
ASUSTeK「PH-GTX1660TI-O6G」。いずれもドスパラ秋葉原本店で撮影
玄人志向「GF-GTX1660Ti-E6GB/DF」。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で撮影

 そうした動きの裏で、Raeon RX 590/580/570搭載カードの売れ行きがここ最近目立って伸びているといった話を複数店舗で聞くようになっている。パソコンSHOPアークは「RX590搭載でも税込みで3万2000円台から見つかりますからね。RX570ならキャンペーンなどで2万円台前半もみかけます。単純に費用対効果でみて優秀なので選ぶという人は増えていますね」と話す。

 また別のショップは「ひと昔前はGeForceからRadeonへの乗り換えはあまり考えられなかったですが、いまはわりと普通という感じで垣根みたいなものを感じていない人が増えている印象です。とくに2〜3万円台のカードなら、バリバリハイエンドのこだわり派みたいな人も少ないので、実利で柔軟に動くのかもしれません」と推測していた。

パソコンSHOPアークのRadeon RX590が並ぶ棚
セール適用でRadeon RX570カードが税込みで2万3000円を切っていた
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう