ニュース
» 2019年03月15日 12時00分 公開

Appleの「WWDC19は」6月3日から開催 参加費用は1599ドル

Appleが30回目となる国際開発者会議「WWDC19」の開催を発表、3月20日午前9時(日本時間)まで申し込みを受け付け、抽選で参加者が決まる。

[田中宏昌,ITmedia]

 Appleは3月15日(現地時間)、同社における最大の年次イベントとなる国際開発者会議「WWDC19」の概要を発表した。すでに参加申し込みは受け付け中で、3月20日午前9時(日本時間)までに申し込んだ人の中から抽選で参加者が決まる。参加費用は1599ドルだ。

 なお、学生のデベロッパーとSTEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)関連団体メンバーの当選者は、WWDCへの無料参加チケットと宿泊場所が提供されるという。

WWDC19 WWDC19

 WWDC19は、米サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで6月3日〜7日まで開催される。2019年で30周年を迎え、macOSやiOS、watchOSやtvOSの次期バージョン、機械学習や拡張現実、ヘルスケアとフィットネスなど、同社の取り組みが発表される予定だ。

 基調講演の模様はiPhoneやiPad、Apple TV用のWWDCアプリケーションやApple Developerのウェブサイトなどを通じてライブストリーミングされる。

WWDC19 WWDCの参加者イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう