プロナビ
ニュース
» 2019年03月15日 13時00分 公開

複数のIntel製品に脆弱性、修正版が公開 一部製品では利用中止を呼びかけ

3月12日、米Intelは複数の同社製品について脆弱(ぜいじゃく)性を公開した。情報漏洩やサービス運用妨害、権限昇格などにつながる恐れがあるなど、最大深刻度が“HIGH”のものも含まれている。

[ITmedia]

 Intelは3月12日(現地時間)、複数の同社製品における脆弱(ぜいじゃく)性を公開し、対策を呼びかけた。グラフィックスドライバの「Intel Graphics Driver for Windows」では19件の脆弱性が報告され、最新バージョンへのアップデートが推奨されている他、「Intel Matrix Storage Manager」や「Intel USB 3.0 Creator Utility」では利用の中止やアンインストールを求めている。

Intel 「Intel Graphics Driver for Windows」(INTEL-SA-00189)の対策ページ

 なお、脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」(Japan Vulnerability Notes)では、情報漏洩(ろうえい)やサービス運用妨害(DoS)、権限昇格などにつながる恐れがあるので最新版へのアップデートを勧めている。

Intel JVN(JVNVU#98344681)のページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう