ニュース
» 2019年03月26日 04時47分 公開

オリジナルの動画配信サービス「Apple TV+」発表 2019年秋から提供

Appleが、オリジナルのテレビ番組や映画を配信する「Apple TV+」を発表。2019年秋に提供する。他社のスマートTVでも視聴できる。

[田中聡,ITmedia]

 米Appleが3月25日(現地時間)、スペシャルイベントで動画配信の定額サービス「Apple TV+」を発表した。2019年秋から100カ国以上での提供を予定しており、料金も同時期に発表される。

Apple TV+ 「Apple TV+」

 Apple TV+では、オリジナルのテレビ番組、映画、ドキュメンタリーなどを配信。オプラ・ウィンフリー、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、オクタヴィア・スペンサー、J・J・エイブラムス、ジェイソン・モモア、M・ナイト・シャマラン、ジョン・M・チュウといったアーティストが作品に参加する。

 コンテンツを視聴するための「Apple TV」アプリは2019年5月にアップデートされ、iPhone、iPad、Apple TV、Macだけでなく、Samsung、Amazon Fire TV、LG、ソニーなど他社のスマートTVでも利用可能になる。新Apple TVアプリは、100カ国以上で利用できる。

 新しいApple TVアプリでは、「HBO」「Starz」「SHOWTIME」「CBS All Access」「Smithsonian」といった衛星放送やケーブルテレビの好きなチャンネルを有料で登録できる「Apple TVチャンネル」も提供する。その際、ユーザーは他のアプリを追加したり、サービスごとにアカウントを取得したりする必要はない。

 Apple TVアプリはユーザーの好みを理解し、「Amazon Prime」や「Hulu」など150以上のストリーミングサービスからオススメのコンテンツを提案してくれる。iTunes Storeの映画やテレビ番組の購入、レンタルもApple TVアプリから可能になる。

Apple TV+ テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどの番組を、Apple TVアプリからまとめて購入、視聴できる
Apple TV+ スポーツや子供向けなど、ジャンルに特化したコンテンツの紹介も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう