ニュース
» 2019年03月26日 03時45分 公開

Appleが“ゲーム天国”「Apple Arcade」を2019年秋にスタート

3月25日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントでゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を2019年秋にスタートすると発表した。広告なしでオリジナルゲームがプレイできるとし、現在100タイトル以上のオリジナル作品を開発しているという。

[田中宏昌,ITmedia]

 3月25日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントでゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を2019年秋に150カ国でスタートすると発表した。スペシャルイベントでは、ティム・クックCEOが「App Storeは有料と無料を合わせて30万近いのゲームアプリが提供されている」とアピール。さらに「App Storeを利用する10億人以上のゲームユーザーに有料ゲームを届けるためのサービスがApple Arcadeだ」とし、ゲームタイトルの開発をバックアップしていくとした。

Apple Arcade さまざまなAppleデバイスでゲームを楽しめる「Apple Arcade」

 また、Apple ArcadeにはAnnapurna Interactive、Bossa Studios、Cartoon Network、Finji、Giant Squid、Klei Entertainment、Konami、LEGO、SEGA、Snowmanなどのゲームが含まれている。

Apple Arcade 秋の公開に向けて、オリジナルタイトルを100以上開発中だという

 Apple ArcadeにはApp Store内のタブからアクセスでき、サブスクリプションの料金や詳細は今後発表していくとのこと。iPhoneやiPad、Mac、Apple TVでプレイできる他、デバイスを切り替えての中断箇所からのプレイやオフラインでもプレイが楽しめる。広告もアプリ内の追加料金も不要で、ファミリーシェアリングにも対応する。

Apple Arcade Apple ArcadeにはApp Store内のタブからアクセスできる

関連キーワード

MacBook | MacBook Air | iPad | iPad Pro | Apple


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう