ニュース
» 2019年04月10日 16時38分 公開

アイ・オー、RS-232Cポート増設用拡張カード レガシー機器の延命に

アイ・オー・データ機器は、RS-232Cポートを増設できる拡張カード計4製品を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は4月10日、RS-232Cポートを増設できる内蔵型拡張カード計4製品を発表、4月下旬から順次出荷を開始する。

photo
photo RSA-PCI4P2(上)、RSA-EXP2P4(下)

 RS-232Cポート増設用の拡張カードで、PCIスロット内蔵型の「RSA-PCI4P2」「RSA-PCI4P4」とPCI Expressスロット内蔵型の「RSA-EXP2P2」「RSA-EXP2P4」の計4製品を用意。RSA-PCI4P2/RSA-EXP2P2は2基、RSA-PCI4P4/RSA-EXP2P4は4基のRS-232Cポートを利用可能だ。またロープロファイル用のブラケットも付属している。

 価格はオープン、予想実売価格はRSA-PCI4P2が1万3100円、RSA-PCI4P4が2万1700円、RSA-EXP2P2が2万6000円、RSA-EXP2P4が3万200円だ(いずれも税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう