ニュース
» 2019年05月15日 16時49分 公開

エプソン、リビング利用にも向く3LCDホームプロジェクター Android TV端末付属のオールインワンモデルも

エプソンは、3LCD方式を採用したホームプロジェクター「EF-100」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 エプソンは5月15日、3LCD方式を採用したホームプロジェクター「EF-100」シリーズを発表、5月22日から順次販売を開始する。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色を用意。またプロジェクター本体にスティック型Android TV端末を付属したオールインワンモデルも取りそろえた。価格はオープン、同社直販価格は通常モデルのEF-100W/EF-100Bが9万7000円、スティック型端末付属モデルのEF-100WATV/EF-100BATVが10万2000円だ(税別)。

photophoto ホワイトモデルのEF-100W/同-100WATV(左)、ブラックモデルのEF-100B/同-100BATV(右)

 本体サイズ210(幅)×227(奥行き)×88(高さ)mmのコンパクト筐体を採用する3LCDプロジェクターで、1280×800ピクセルでの投影に対応。本体を縦置きに設置することで天井面への投影を行うこともできる。光源にはレーザー光源を採用し、2万時間の長光源寿命を実現した。

 スティック型端末を本体内に収納可能となっているのも特徴で、別途端末を格納(EF-100WATV/EF-100BATVは標準で付属)することで単体での利用を行える。

photophoto 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう