レビュー
» 2019年06月15日 07時00分 公開

ベンチマークテストも:ASUS「ROG Strix G G531GW」開封レビュー! (1/3)

ASUSが、BMW DesignworksとのコラボデザインのゲーミングノートPC「ROG Strix」シリーズを6月21日から順次発売する。15.6型の注目モデルをチェックした。

[田中宏昌(撮影:矢野渉),ITmedia]

 ASUS JAPANは6月14日、ゲーミングPCブランド「ROG」シリーズを一斉に発表した。ノートPCとデスクトップPCを合わせて18モデルと、豊富なバリエーションを含めてまさに怒濤(どとう)の展開だ。

ROG Strix G G531G 発表会の展示風景

BMWのDesignworksとコラボ

 日本でも参考出品されたハイエンドモデル「ROG Mothership GZ700GX」の今秋発売がアナウンス(税込みで100万円オーバー)された他、上位モデルでは7月〜8月となるが、多くは6月21日に販売予定になっている。今回は、その中から中核となる「ROG Strix G G531G」シリーズの最上位モデル「ROG Strix G G531GW」を紹介しよう。

ROG Strix G G531G 15.6型ゲーミングノートPC「ROG Strix G G531GW」

 ASUSのROGシリーズといえば、その名の「Republic Of Gamers」が示す通り、ゲーミングブランドとして2006年のスタートから、マザーボードを皮切りにノートPC、デスクトップPC、さらにはスマートフォンや周辺機器に至るまでさまざまなモデルを展開している。パッケージから製品の外観に至るまで、独特の世界観を持ったROGシリーズは、多彩な製品を用意している同社の製品群の中でも、かなり異彩を放っているといえる。

 このROG Strixシリーズで特筆できるのは、BMW Designworksとのコラボレーションだ。かつてはHP(現在の日本HP)のワークステーションや、ThermaltakeのPCケース「Level 10」およびマウスやヘッドセットなどを手がけたことでも知られており、がぜん期待が高まる。

 発表会では、ASUSとBMW Designworksが作り出したデザインコンセプトモデル「ROG Face Off」が展示され、そのエッセンスがROG Strixシリーズなどに反映されているという。詳細は別記事でも取り上げているが、その成果は期待以上の内容といえる。

ROG Strix G G531G ASUSは、BMWグループに属しているDesignworksとのコラボレーションを実施
ROG Strix G G531G コラボの成果が「ROG Face Off」というコンセプトモデルにまとまった
ROG Strix G G531G 発表会で展示されたラフスケッチ
ROG Strix G G531G ROG Strix G G531Gシリーズのデザインコンセプト

 LEDの点灯ギミックやカスタマイズといったゲーミングPCに欠かせない要素を踏まえつつ、むしろ人に見せたくなる、持っていることを思わず自慢したくなるデザインだ。外装はプラスチック製だが、ヘアライン加工をあしらうことで金属ボディーのような質感を備えている。

 もちろん、後述するように普段使いのPCとしてパワフルスペックを備えているだけでなく、これだけの機能と性能を約2.4kgのボディーに凝縮しているのもポイントだろう。

ROG Strix G G531G BMWのシザードアにヒントを得たヒンジ部分。空気の流れも計算することで、流量の向上と騒音や温度の低減を図っているという
ROG Strix G G531G 本機では4つのゾーンに分けてキーボードを光らせることができる
ROG Strix G G531G 底面の前方と左右にRGB LEDを内蔵しており、好みの色に点灯、点滅させたり、消灯させたりすることも可能
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう