ニュース
» 2019年07月23日 05時30分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:X570初のmicroATXマザーが登場! Ryzen 7 3700X以上はやはり枯渇 (1/4)

X570チップセット搭載で初のmicroATXマザーボードがASRockから登場した。第3世代Ryzenを自作するバリエーションは順調に広がっているが、CPUとDDR4メモリの在庫は厳しめだ。

[古田雄介,ITmedia]

 先週のマザーボード売り場で話題になっていたのは、ASRockから登場した「X570M Pro4」だ。第3世代Ryzenに対応する、AMD X570チップセットを搭載した初のmicroATXサイズとなるモデルで、価格は2万7000円弱(税込み、以下同)となる。同時にATXサイズの「X570 Pro4」も2万3000円弱で出回っている。

Ryzen 7 3700X箱つぶれ並行輸入品も店頭に――第3世代Ryzenの今

 入荷したドスパラ秋葉原本店は「Mini-ITXは既にギガバイトから『X570 I AORUS PRO WIFI』が登場していますが、拡張性とコンパクトさのバランスが取れたmicroATXで組みたいという人も少なくありません。選択肢が増えたことは朗報ですね」と喜んでいた。

ドスパラ秋葉原本店 ASRock「X570M Pro4」と「X570 Pro4」
ドスパラ秋葉原本店 X570M Pro4の基板。USB 3.2 Gen2やIntel製GbEチップを搭載する

 しかし一方で、第3世代Ryzenマシンを組むのに向かい風が吹いているのも確かだ。DDR4メモリの品薄傾向が強まり、一部のモデルでは既に値上がりが見られるのは既報の通り

 CPUも、人気の中心となっているRyzen 7 3700X以上のモデルについて品薄傾向が続いている。遅れて登場したRyzen 7 3800Xの在庫はいくつかのショップで在庫が確認できたが、現行最上位のRyzen 9 3900Xは枯渇に近い状況だ。

 Ryzen 7 3700Xも多くのショップが売り切れとしており、TSUKUMO eX.のように独自に並行輸入品を仕入れて急場をしのぐ例もみられる。箱つぶれが見られるワケあり品となるが、価格は通常のリテール品と変わらない。保証期間は国内正規版より1年短い2年となる。それでも売れている。

 同店は「CPUの生産自体は順調らしいんですが、世界中で引き合いがあってどれだけ仕入れられるか見えてこない状況です。それに加えてメモリの問題があるのが心配ですね」とこぼしていた。

TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.のRyzen価格表。Ryzen 7 3700Xの並行輸入版がラインアップに加わっている
TSUKUMO eX. 箱の一部につぶれがみられる。了承の上で購入してもらっているという
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう