ニュース
» 2019年09月03日 07時30分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:オリジナルクーラー搭載Radeon RX 5700 XT/5700カード続々登場 (1/4)

大ヒットしているFinalmouseの軽量マウス「Ultralight 2-Cape Town」に続き、Glorious PC Gaming Raceのハニカム構造マウス「Model O」もアキバで買えるようになった。

[古田雄介,ITmedia]

 8月下旬に登場したFinalmouse「Ultralight 2-Cape Town」が、品薄傾向になるほど好調な売れ行きをみせている中で、同じくハニカム構造を採用することでボディーを軽量化したマウスがGlorious PC Gaming Raceから登場している。

ソフト制御も楽しいです――Glorious「Model O」が好調デビュー

 「Model O」シリーズで、光沢仕上げのブラックとホワイトが8500円強(税込み、以下同)、非光沢仕上げの同色が7500円強となる。

Glorious PC Gaming Race「Model O」シリーズ

 ハニカム構造の穴は天面と底面に広がり、光沢タイプは68g、非光沢タイプは67gの軽さを実現している。搭載する光学センサーはUltralight 2と同じ「PixArt PMW3360」(最大3200dpi)。純正ソフトでボタンの割り当て調整やLEDライトの発色調整が可能な他、分解能の調整はマウス側で行える。

 本社のある米国では5月に発表されてから好評を博しており、日本での販売を待ち望む声は多かった。満を持しての登場だけに、各ショップで順調な売れ行きをみせているという。

 パソコンSHOPアークは「Ultralight 2と比べても安く買えますし、手のひらのサイズ的にModel Oの方がしっくりくるという人もいらっしゃいますしね。みなさん実機に丹念に触れていかれますよ」と話していた。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「ソフトでいろいろセッティングできるところも受けていますね。使ってみるとやっぱり軽いので、機敏な動きを追求する人には良いモノだと思います」という。

「Ultralight 2-Cape Town」(左)と「Model O」(右)。長さは116mmと128mmとなる。パソコンSHOPアークで撮影
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のPOP。両マウスが並べて置かれている
Glorious PC Gaming Raceの直販サイト

 なお、同社の直販サイトでは一回りコンパクトな「Model O-」も既に追加されている。重量は非光沢で58g、光沢で59g。価格差はない。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう