プロナビ
ニュース
» 2019年09月11日 12時03分 公開

エプソン、高輝度表示に対応したビジネスプロジェクター「EB-L1490U」など8機種11製品を投入

エプソンは、同社製ビジネスプロジェクターのラインアップに高輝度モデルやインタラクティブ機能搭載モデルなど8機種計11モデルを投入した。

[ITmedia]

 エプソンは9月11日、同社製ビジネスプロジェクターのラインアップに高輝度モデルやインタラクティブ機能搭載モデルなど8機種計11モデルを投入、9月下旬から順次販売を開始する。

photo EB-L1075U

従来モデルから大幅に小型化した

 高輝度モデルとしては、4K相当表示対応(シフト技術による)の「EB-L1490U」「EB-L1495U」「EB-L1070U」「EB-L1075U」「EB-L1060U」「EB-L1065U」「EB-L1050U」、WXGA表示対応の「EB-L1070W」「EB-L1060W」の6機種9モデルを用意。EB-L1490U/EB-L1495Uは9000ルーメン(lm)の高輝度表示をサポート、他モデルも5500〜7000lmを実現しており、大会議室や教育機関の大講堂などへの設置に適した設計となっている。

photo EB-1485FT

EB-1485FTの特徴
EB-1485FTの活用例。実際の教室での利用イメージ。生徒にはタブレットが配布され、黒板に投影された内容が同期されている

 インタラクティブ機能搭載モデルとしては、フルHD(シフト技術による)表示と超短焦点投写、明るさ5000lmに対応する「EB-1485FT」を用意した。アスペクト比16:6の超ワイド投写に対応、PCレスで利用できるホワイトボード機能や、タッチ操作/電子ペンでPC操作が可能なインタラクティブ機能も備えている。

photo EB-W50

EB-W50の特徴

 サイネージ向けモデルには、WXGA表示と明るさ3800lmを実現するランプ光源採用モデルの「EB-W50」を用意。PCレスでの映像コンテンツ表示機能を内蔵、受付などでのロゴマッピング表示や店舗でのインフォメーション、販促用途での利用も可能だ。

カテゴリー 型番 カラー 明るさ 解像度 価格 エプソンダイレクトショップ販売価格 発売時期
高輝度モデル EB-L1490U ホワイト 9,000lm 4K(シフト技術による) オープン 2019年9月下旬予定
EB-L1495U ブラック
EB-L1070U ホワイト 7,000lm 2019年11月予定
EB-L1075U ブラック
EB-L1060U ホワイト 6,000lm
EB-L1065U ブラック
EB-L1050U ホワイト 5,500lm
EB-L1070W ホワイト 7,000lm WXGA 2020年3月予定
EB-L1060W ホワイト 6,000lm
インタラクティブ機能搭載モデル EB-1485FT ホワイト 5,000lm Full HD(シフト技術による) 37万8000円 2019年11月予定
サイネージモデル EB-W50 ホワイト 3,800lm WXGA 8万9800円 2019年10月予定

国内では18年連続、2018年はワールドワイドでも市場シェアNo.1

 発表会では、2019年で30周年を迎えるプロジェクターの取り組みについて、セイコーエプソン ビジュアルプロダクツ事業部 内藤恵二郎氏が登壇。「液晶プロジェクターも時計の技術から出発しており、3LCDなどのコアテクノロジーに磨きをかけることで、国内では18年間連続でシェアNo.1を獲得しており、現在では当社のシェアが38.2%にも及ぶ。垂直統合型のビジネスをベースに、独創的なコアデバイスを自分たちで作りだし昇華していくサイクルを強化する」と語った。

1989年にスタートしたエプソンプロジェクターの歩み
日本国内におけるプロジェクター市場のシェア
ワールドワイドでもシェアNo.1を獲得している

 同社が掲げる長期ビジョン「Epson 25」の中で、プロジェクターはビジュアルイノベーションに含まれている。今後は一般企業向けで遠隔会議や等身大の会議といったボーダレスなビジュアルコミュニケーションとして、教育市場や空間演出の市場では対前年比で大きな伸びを見せており、ここにも注力していく」とまとめた。

ビジュアルイノベーション領域での伸長イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう