プロナビ

デルが法人向けデスクトップPCの新製品を発表 “ゼロフットプリント”とVR最適化ミニタワー

» 2019年09月18日 16時30分 公開
[井上翔ITmedia]

 デルは9月24日、法人向けデスクトップPC「OptiPlex 7070 Ultra」「Optiplex 7071 Tower」を発売する。9月18日現在、国内での販売価格は未定だが、米国におけるOptiPlex 7070 Ultraの最小構成価格は749ドル(約8万1000円)となっている。

OptiPlex 7070 Ultra

 OptiPlex 7070 Ultraは、モジュール型デザインを採用する薄型デスクトップPC。“ゼロフットプリント”をコンセプトに据えており、別売の専用モニターマウントと組み合わせることで一体型(AIO)PCのように使えることが特徴だ。

 専用モニタースタンドにはVESA規格のマウントが付いており、好きなモニターを組み合わせることができる。AIO的な使い方をしつつもPC本体とディスプレイを別々にアップグレード(取り替え)できることが魅力だ。

OptiPlex 7070 Ultra OptiPlex 7070 Ultra。片手で持てるほど軽い

 CPUはモバイル向けの第8世代Coreプロセッサで、以下のいずれかを選択できる。

  • Core i3-8145U(2.1G〜3.9GHz、2コア4スレッド)
  • Core i5-8265U(1.6G〜3.9GHz、4コア8スレッド)
  • Core i5-8365U(1.6G〜4.1GHz、4コア8スレッド、vPro対応)
  • Core i7-8565U(1.8G〜4.6GHz、4コア8スレッド)
  • Core i7-8665U(1.9G〜4.8GHz、4コア8スレッド、vPro対応)

 メインメモリはDDR4-2400規格のSO-DIMMスロットに実装されており、最大64GB(32GB×2)まで搭載できる。ストレージはシリアルATA接続の2.5インチHDDと、PCI Express接続(NVMe規格)のSSDを搭載できる。HDDは最大2TB、SSDは最大1TBの容量オプションを用意しており、HDDはOPAL(自己暗号化機能)付きのものも選べる。

 OSはWindows 10 Pro、Windows 10 Home(いずれも64bit版)、Ubuntu 18.04のいずれかをプリインストールする。

基板 コンパクトながら、拡張性は確保している
HDD HDDを搭載する場合、本体背面に出っぱる形で実装される。後述のモニターマウントは、これと干渉しない設計となっている(SSDのみ搭載する構成ではフラットなふたが装着される)

 拡張ポート類は、本体左側面にイヤフォン/マイクコンボ端子、USB 3.1 Type-C端子、USB 3.1(Type-A)端子を、下面にUSB 3.1(Type-A)端子、USB 3.0(Type-A)端子、Ethernet端子、電源入力端子、USB 3.1 Type-C端子を備えている。

 USB 3.1 Type-C端子はUSB Power Delivery(USB PD)による電源入力とDisplayPort出力を兼ねている。USB PDによる電源出力とDisplay Port Alt Modeによる映像出力の両方に対応するモニターを用意すれば、配線がスッキリとする。

 Wi-Fi(無線LAN)とBluetoothはオプションで、「IEEE 802.11ac(2×2)+Bluetooth 4.2」または「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax、160MHz幅)+Bluetooth 5.0」のモジュールを搭載できる。

左側面 左側面のポート類
右側面 右側面にはケンジントンロックポートを備える
下面 下面のポート類
上面 本体上面のポート類

マウントは4種類 「スタンドなしモニター」も用意

 OptiPlex 7070 Ultraを収納できるモニターマウントは、27型ディスプレイまで対応できる「Dell P/Uシリーズ用プレミアムスタンド」、24型ディスプレイまで対応できる「Dell Eシリーズ用エントリースタンド」、回転・高さ調節に対応する「クイックリリースマウント」、VESA規格のアームと組み合わせて使う「オフセットVESAマウント」の4種類を用意している。

 これに合わせて、デル純正の24型モニター「P2419HC」にモニタースタンドを“付属しない”モデルを用意する。

マウント 純正モニターマウントに本体を装着すると、本体がどこにあるか分からなくなる(オフセットVESAマウントを除く)
装着図 左がモニターマウントのカバーに装着した本体。当然だがぴったりはまるようになっている

Optiplex 7071 Tower

 Optiplex 7071 Towerは、「ワークステーションほどではないものの、ハイスペックを要求される用途」(担当者)を想定したモデル。グラフィックスカード(外部GPU)を搭載することも可能で、構成次第ではVR(仮想現実)コンテンツの利用もこなせる。

Optiplex 7071 Tower Optiplex 7071 Tower(横に倒した状態)

 CPUはデスクトップ向け第9世代Coreプロセッサで、以下のいずれかを選択できる。

  • Core i3-9100(3.6G〜4.2GHz、4コア4スレッド)
  • Core i3-9300(4G〜4.6GHz、4コア4スレッド)
  • Core i5-9500(3G〜4.4GHz、6コア6スレッド)
  • Core i5-9500(3.1G〜4.6GHz、6コア6スレッド)
  • Core i7-9700(3G〜4.7GHz、8コア8スレッド)
  • Core i7-9700K(3.6G〜4.9GHz、8コア8スレッド)
  • Core i9-9900(3.1G〜5GHz、8コア16スレッド)
  • Core i9-9900K(3.6G〜5GHz、8コア16スレッド)

 グラフィックスカードは、以下のいずれかを搭載できる(非搭載も可)。

  • Radeon RX 570
  • GeForce GTX 1660
  • GeForce RTX 2080

 メインメモリはDDR4-2666規格のUDIMMスロットに搭載されており、最大128GB(32GB×4)まで拡張できる。ストレージはSerial ATA接続の2.5インチHDDまたはSSD、3.5インチHDDやPCI Express(NVMe規格)接続のSSDなど、非常に豊富なオプションを用意している。RAID0/1構成にもできる。光学ドライブはノートPC向けのスリムタイプで、DVD-ROMドライブまたはDVD-R/RWドライブを搭載できる。

 OSはWindows 10 Pro、Windows 10 Home(いずれも64bit版)、Ubuntu 18.04のいずれかをプリインストールする。

GPU搭載 グラフィックスカード,グラフィックスカードを搭載することもできる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー