プロナビ
レビュー
» 2019年09月26日 06時00分 公開

AMDプロセッサ初搭載、その実力は? 14型薄型ノートPC「ThinkPad T495s」を試す(後編) (1/2)

レノボ・ジャパンの「ThinkPad T495s」は、ThinkPad Tシリーズの薄型モデルとしては初めてAMDプロセッサを搭載する意欲作だ。レビューの後編では、各種ベンチマークテストを通してその性能をチェックする。

[金子麟太郎,ITmedia]

 レノボ・ジャパンのノートPC「ThinkPad(シンクパッド)」は、用途に合わせてさまざまなシリーズとモデルが用意されている。その注目モデルの1つが、Tシリーズとしては初めてAMD製のAPU(GPUを統合したCPU)を搭載する「ThinkPad T495s」だ。

 この記事では、ベンチマークテストを通してその潜在能力をチェックする。

Ryzen PROプロセッサを搭載する「ThinkPad T495s」 Ryzen PROプロセッサを搭載する「ThinkPad T495s」

レビュー機材のスペックをおさらい

 前回に引き続き、今回も直販サイトで購入できるカスタマイズ(CTO)モデル「20QJ-CTO1WW」をレビューする。

 ……が、ThinkPadのカスタマイズモデルは型番だけでは分からないので、改めて今回レビューするマシンの主なスペックを掲載する。

  • OS:Windows 10 Pro(64bit、日本語版)
  • APU:AMD Ryzen 7 PRO 3700U(2.3G〜4GHz、4コア8スレッド)
  • メインメモリ:16GB(DDR4、オンボード)
  • SSD:512GB NVMe(OPAL対応)
  • ディスプレイ:14型フルHD(1920×1080ピクセル)IPS液晶
  • 無線LAN:Intel Wireless-AC 9260
  • 有線LAN:あり(付属のドングル経由)
  • バッテリー:3セル

 APUやメモリ容量など、全体的には固定構成の「販売代理店モデル」よりも高性能なカスタマイズが施されている。果たしてベンチマークの結果はどうなるだろうか。

中身 裏ぶたを外すと、内部のさまざまなデバイスにアクセスできる。写っている範囲では、SSDモジュールとWi-Fi/Bluetoothモジュールが「CRU(お客様交換部品)」となっており、故障時にユーザーが部品を取り寄せて自ら交換することもできる
パーツルックアップ ThinkPadは「部品の検索」で使われているパーツを検索することもできる

ベンチマークの結果は?

 レビュー機の紹介が終わった所で、ベンチマークテストの結果を見ていこう。

Cinebench R20(CPU性能)

 まずは、CPUの性能を検証するためにMaxthonの「Cinebench R20」を実行した。

 Cinebench R20は先代の「Cinebench R15」と比べ、レンダリングエンジンを近代化。CPUの計算量は約8倍、メモリの利用量が約4倍となり、新しめのPCにおけるCPUの負荷計測に最適なベンチマークアプリとして生まれ変わった。

 肝心のテスト結果だが、CPU(マルチコア)が1356ポイント、CPU(シングルコア)が304ポイントとなった。ハイエンドCPUと比べると数値的には劣るが、ビジネス向けのノートPCとしては十分な性能を確保できている。

 CinebenchにおけるAMD製CPU/APUは以前、「マルチコア性能は良いけれどシングルコア性能が……」という傾向にあったが、Ryzen 7 PRO 3700Uを含めて「Zenアーキテクチャ」を採用するCPU/APUではシングルコア性能も向上している。

Cinebench R20 Cinebench R20の結果

PCMark 10(総合性能)

 PCの総合的なパフォーマンスを見るために、ULの「PCMark 10」でベンチマークテストを行った。

 PCMark 10では、テレビ会議や表計算の入力など、さまざまなアプリケーションが自動的に起動し、テストを実施する。その間、ファンがウィーンと音を立てて勢いよく回ったが、耳障りに感じることはなかった。テストも滞りなく行われ、結果表示までスムーズに進んだ。

 結果は、総合スコアが3704ポイント、Essentials(日常利用のテスト)が7097ポイント、Productivity(事務系ソフトウェアのテスト)が5465ポイント、Digital Content Creation(静止画や動画の編集ソフトウェアのテスト)が3556ポイントとなった。

 総合スコアを見ると、さすがにハイエンドゲーミングPCには及ばないものの、オフィスで使うことを想定したPCとしては高性能なので、ある程度負荷のかかる処理には耐えられるだろう。

PC Mark 10のスコア PCMark 10での総合スコアは3704ポイントだった
比較 PCMark 10での他機種との性能比
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう