ニュース
» 2019年09月29日 13時30分 公開

「PasocomMini PC-8001」が10月5日発売 「PCG8100」のミニチュア版とセットで2万4800円

NECブランドのPC事業40周年に合わせてハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」とPC-8001の周辺機器「PCG8100」のミニチュア版のセットが一般販売されることになった。PCG8100のミニチュア版は単品販売も行われる。

[井上翔,ITmedia]

 ハル研究所は10月5日、ミニチュアコンピュータ「PasocomMini PC-8001」と、PC-8001用の周辺機器「PCG8100」のミニチュアモデル「PasocomMini PCG8100」のセットを発売する。販売価格は2万4800円(税別)で、Web通販サイト「ValueMall」において9月28日から予約を受け付けている。

 PasocomMini PCG8100については、2480円(税別)で単品販売も行われる。こちらも10月5日発売で、「ValueMall」において9月28日から予約を受け付けている。

合体! PasocomMini PCG8100の上に載るPasocomMini PC-8001(手前)と、両者のセット品のパッケージ(奥)(販売サイトより)
PasocomMini PC-8001 PasocomMini PC-8001
PasocomMini PCG8100 PasocomMini PCG8100

製品の概要

 PasocomMini PC-8001は、「Raspberry Pi Zero WH」をベースに開発されたミニチュアコンピュータで、「N-BASIC」を使ったプログラミングの他、15種類のPC-8001用ゲームを楽しむことができる。カセットテープに保存したプログラムも、WAVファイル化すると読み込ませることができる。

 従来は、NECパーソナルコンピュータ(NECPC)の個人向けPC「LAVIE」購入者を対象とする抽選プレゼント、または同社のモバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」の「PC 40th Anniversary Edition Premium Package」の付属品としてのみ入手可能だった。

実際に動かす図 コンパクトサイズながら、PC-8001用の「N-BASIC」を稼働できる(PasocomMini PC-8001以外の周辺機器は全て別売)

 PasocomMini PCG8100は、ハル研究所がNEC(当時)の「PC-8001」向けに発売していたキャラクター(文字表示機能)を拡張するハードウェア「PCG8100」を4分の1に小型化したモデル(模型)。あくまでも“モデル”であり、観賞用という位置づけだ。

 付属のネジを使うと、PasocomMini PC-8001の本体と一体化して楽しめる。

合体 PasocomMini PCG8100の上に載るPasocomMini PC-8001

N-BASIC : (C)1979-2019 Microsoft

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう