ニュース
» 2019年10月02日 13時30分 公開

21.6型4K:EIZOブランド初の有機ELディスプレイ「FORIS NOVA」が11月1日発売 全世界500台限定で35万円

EIZOが、同ブランドとしては初めて有機ELディスプレイを発売する。サイズは21.6型、解像度は4Kで、HDRコンテンツの再生にも対応。高解像度・高画質コンテンツをプライベート空間で楽しむことを想定した製品で、「制作者の意図に沿った映像を鑑賞できる」ことを意図しているという。

[井上翔,ITmedia]

 EIZOは11月1日、21.6型有機ELディスプレイ「FORIS NOVA(フォリス・ノバ)」を発売する。全世界500台限定生産で、日本では同社の「EIZOダイレクト」(Web直販)限定で販売する。価格は35万円(税別)となる。

FORIS NOVA(量産試作品) FORIS NOVA(量産試作品)

 FORIS NOVAは、EIZOブランドとしては有機ELパネルを搭載するディスプレイ。パネルはJOLED製で、コントラスト比は100万:1、アンチグレア(非光沢)加工となっている。解像度は4K(3840×2160ピクセル)で、「HDR10」「HLG」規格のHDR(ハイダイナミックレンジ)ソースの再生にも対応する。

 有機ELパネルの特性を生かし、「制作者の意図に沿った映像を鑑賞できる」ようにするため、映像の調整は極力行わないようにしているという。応答速度は0.04ミリ秒で、遅延は秒間0.1フレーム(4K60p、1080pソース入力時)、色域カバー率は「ITU-R BT.2100」基準で80%だ。

パネルは非光沢 パネルはJOLED製で、非光沢加工。電源オフ時の映り込みは少ない
黒がしっかり出る 左は映像の制作現場で使われるプロ向け液晶ディスプレイ、右がFORIS NOVA。有機ELパネルの特性を生かして、黒がよりハッキリと表示できている
斜めから見ても色変化少ない 暗所でプロ向け液晶ディスプレイと見比べる。視野角は178度で、斜めから見ても色の変化が少ない

 映像入力は「Deep Color」と「HDCP 2.2/1.4」に対応するHDMI端子を2系統用意している。スティックタイプの映像デバイスを使うことを想定して、電源供給用のUSB端子も用意している。1W+1W(ステレオ)のスピーカーを内蔵し、ヘッドフォン出力とライン出力も備える。

底面 各種端子類(と制御基板)はスタンドに集約。スタンド底部には電源入力端子とHDMI入力端子×2を備える
右側面 スタンド右側面には、ヘッドフォン出力、ライン出力、USB端子を備える
左側面 スタンド左側面には、操作ボタンが集中
カードリモコン カード型のリモコンも付属する

 ボディーはアルミダイキャストによる高精度造形で、カラーはFORIS NOVA専用の3色グレーによるトリカラーとなっている。背面のEIZOロゴはブロンズカラーだ。

 サイズは約525.8(幅)×318.5〜358.5(高さ)×139.7〜285.0(奥行き)mm、重量は約3.2kgとなる。高さと奥行きはスタンドのチルト具合(11度から30度)によって変動する。

背面 背面
結線 ケーブルをつないだ際の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう