ニュース
» 2019年11月01日 14時27分 公開

サイコム、Cooler Master製筐体を採用した静音性デスクトップPC「Silent-Master NEO」

サイコムは、静音性重視のデスクトップPC「Silent-Master NEO」シリーズ2製品の販売を開始する。

[ITmedia]

 サイコムは11月1日、静音性重視のデスクトップPC「Silent-Master NEO」シリーズ計2製品「Silent-Master NEO Z390」「Silent-Master NEO Z390-Mini」を発表、本日販売を開始する。BTOカスタマイズにも対応、標準構成価格(Core i5-9600K搭載時)はそれぞれ16万5400円から/16万4340円から。

photophoto Silent-Master NEO Z390(左)、Silent-Master NEO Z390-Mini(右)

 それぞれ筐体としてCoolerMaster製静音PCケースのSilencio S600/同 S400を採用したデスクトップPCで、ケースファンにNoctua製の静音ファンを装備し静音性能と冷却性の両立を実現しているのが特徴。騒音レベルはアイドル時で23dB(デシベル)、高負荷時で31dBとなっている。

 ともにグラフィックスカードはGeForce GTX 1660を標準で搭載。メモリは4GB、ストレージは500GB SSDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。標準導入OSはWindows 10 Home 64bit版だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう