プロナビ
ニュース
» 2019年11月12日 17時50分 公開

ベンキューがビジネス向けの「スマートプロジェクター」を発売 文教市場向けの短焦点モデルも

ベンキュー(BenQ)が、Android 6.0を搭載したビジネス向け「スマートプロジェクター」を3機種発売。ワイヤレス利用と単体利用の双方に強みを持っている。

[井上翔,ITmedia]

 ベンキュージャパンは11月22日、ビジネス向けのスマートプロジェクター「EW600」「EH600」「EW800ST」を発売する。3機種ともにAndroid 6.0を搭載する「日本初のビジネス向けスマートプロジェクター」(同社調べ)で、PCフリー環境での使い勝手を向上していることが特徴だ。想定販売価格(税込み)は、EW600が8万円前後、EH600が11万円前後、EW800STが12万円前後となる。

EW600 EW600はWXGA(1280×800ピクセル)の実効解像度を持つ可変焦点の下位モデル
EH600 EH6000はフルHD(1920×1080ピクセル)の実効解像度を持つ可変焦点の上位モデル
EW800ST EW800STはWXGAの実効解像度を持つ固定焦点(短焦点)モデルで、主に文教市場を想定したモデルとなる。

製品の特徴

 今回発表された3モデルは、私物デバイスを仕事で用いる「BYOD(Bring Your Own Device)」や非PCデバイスを接続するニーズの高まりを受け、「ドライバーレス」「PCレス」「ワイヤレス」で使えることを目指して開発されたという。

 ドライバーレスとワイヤレスという観点では、「AirPlay」「Chromecast(Google Cast)」といったワイヤレス映像伝送規格に対応。スマートフォンやタブレットはもちろん、Windows PCやMacでもデバイスドライバーや専用ソフトウェアをインストールすることなく映像をワイヤレス伝送できる。

 ただし、Windows PCの場合はChromecastを使うためにWebブラウザ「Google Chrome」を別途インストールしておく必要がある。Android端末についても、Chromecastによる映像伝送に対応する必要がある。

 なお、本体にはHDMI 2.0入力端子やアナログRGB入力端子も備えている。これらを使った映像伝送も可能だ。

Chromecast 発表会では、Google ChromeをインストールしてあるWindows PCから映像をワイヤレス伝送するデモが行われた
背面ポート類 背面ポート。HDMIやアナログRGBによる映像入力にも対応している(写真はEW600/ET600のポート配列)

 PCレスという観点では、本体単体でOfficeドキュメントやPDFファイル、静止画や動画の表示に対応。本体のUSBポートにUSBメモリなどのストレージを挿入すれば、PCレスで再生できる。

 具体的な対応ファイルは以下の通り。

  • 画像(JPEG、GIF、PNG、BMP:最大3840×2160ピクセルまで)
  • 動画(AVI、MPEG、MP4、WMV、MOV、MKV、WEBM、3GP、TS、ASF:最大1080p/30fpsまで)
  • ドキュメントファイル(DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX)

 付属のリモコンや専用スマホアプリ「BenQスマートコントロール」を使えば、プレゼンテーションの制御なども行える。USBポートにマウスやキーボードをつなぐことも可能だ。

 本体には「TeamViewer」や「Blizz」がプリインストールされており、PCのリモート操作や遠隔地とのコラボレーションも単体で行える。ただし、Blizzのビデオ会議機能を本体単体で使う場合は、USBポートにUSBカメラを接続する必要がある。

 この他、Webブラウザ「Firefox」やOffice互換ソフト「WPS Office」、BenQのオリジナルソフトウェアもプリインストールされている。その他に必要なアプリがある場合は、APK(アプリケーションパッケージ)ファイルを用意すれば追加することはできる。

フォルダビュー USBストレージを接続してファイルを直接開ける
アプリは追加できる APKファイルを用意すればアプリを追加可能。なお、このプレゼンテーション資料(PowerPointファイル)はEW600を使って再生されている

 投写はDLP方式で、画面の実効解像度はEW600とEW800STがWXGA(1280×800ピクセル)、EH600がフルHD(1920×1080)。投影サイズはEW600が60〜180型、EH600が70〜150型、EW800STが70〜120型となる。映像ソースの最大解像度は1920×1200ピクセルだ。

 EW600とEH600は焦点距離の調整に対応する。EW800STは固定焦点となる代わりに短焦点投影が可能だ。3モデル共にランプは200Wで、光源寿命は公称値で5000時間〜1万5000時間となっている。別売でスペアランプキットも用意している。

 本体内蔵のWi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11ac/a/b/g/n対応で、Bluetooth 4.0も利用できる。EW800STは有線LANポートも備えている。

 サイズはEW600とEH600が約296(幅)×120(高さ)×232(奥行き)mm、EW800STが約296(幅)×120(高さ)×250(奥行き)mm。重量はEW600とEH600が約2.5kg、EW800STが約 2.6kgとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう