ニュース
» 2019年11月25日 13時13分 公開

iClever、極薄デザインを採用したBluetoothキーボード

サウザンドショアスは、薄型設計のBluetooth接続対応ワイヤレスキーボード「IC-BK22」など2製品を発売する。

[ITmedia]

 サウザンドショアスはこのほど、薄型設計のBluetooth接続対応ワイヤレスキーボード「IC-BK22」の販売を開始した。販売価格は3999円。

photo IC-BK22

 Bluetooth 5.1接続に対応する日本語配列ワイヤレスキーボードで、厚さ19mm(最薄部約3mm)の薄型デザイン筐体を採用。最大3台までのデバイスとのペアリングに対応、簡単に切り替え接続を行うことが可能だ。容量280mAhのバッテリーを内蔵、約90時間の連続使用を実現している。


 この他、2.4GHz帯通信に対応したワイヤレスキーボード+マウスセット「IC-BK22Combo」も合わせて販売を開始した。販売価格は3999円。

photo IC-BK22Combo

 IC-BK22に準じる薄型筐体を採用したキーボードセットで、付属USBレシーバー1基でキーボードとマウスの接続に対応。付属マウスは2ボタン+ホイールを備えるベーシック設計で、静音ボタンを採用しているのも特徴だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう