コラム
» 2019年12月29日 17時00分 公開

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選(3/4 ページ)

[渡辺まりか,ITmedia]

立ったままでもメモできるスマホ「Galaxy Note10+」

 サムスン電子のスマートフォン「Galaxy Note8」で紙とペンのような自然味ある書き心地を体験してから、Galaxy Noteシリーズのとりこになっていた筆者。11月にシリーズ最新作となる「Galaxy Note10+」のオーラホワイトを予約して購入した。

Galaxy Note10+ 待望のGalaxy Note10+。光の加減で見え方が変化するオーラホワイトの背面が美しい

 Galaxy Noteシリーズには、ワコムの「feel IT technologies」技術を採用した専用スタイラスペン「Sペン」が内蔵されており、本体から引き抜くと「Galaxy Notes」アプリが立ち上がり、即座に手書きメモが取れる。まるでポケットからメモとペンを取り出して、書くのと同じ気軽さだ。

 テレビドラマなどで記者がメモ帳を取り出してメモを取っている様子を目にすることがあるが、Galaxy Noteシリーズは完全なメモ帳の代替品となりうる。取材の場面だけでなく、電車などで移動中、いきなりひらめいたことをなぐり書きするのにも紙の感覚でメモしていける。

Sペンを引き出した図 画面オフの状態でSペンを引き抜くと即座にメモを取れる仕様。まさに手帳とペンを使っている感覚だ

 Note8の時点で完成度は高かったため、Note10+で「大きな違いを感じるか?」と聞かれると少し困ってしまう。Galaxyシリーズは、既存の端末もOSバージョンアップ対象となるため、新機種で搭載される新機能もそれに合わせて実装されることが多い。Noteアプリで手書きした文字をボタンで一発テキスト変換してくれる機能とか、Wordファイルとして書き出してくれる機能とかが「Note10+で新登場した!」と思いきや、Note8でも使えるようになるため、「新機種とは……」というなんともいえない感情に浸ることもある。

 とはいえ、若干ではあるがSペンは握りやすくなっているし、写真はよりきれいに撮れるし、ディスプレイサイズは大きくなったし、ボディカラーはきれいだし……と、所有欲を満たしてくれる。それだけでも、買って良かったと思えるアイテムなのだ。

新機能 Galaxy Note10+のGalaxy Notesアプリでは、手書き文字を一発で、あるいは選択部分のみをテキスト変換したり、Wordなどに書き出したりする機能が追加された

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう